« 学究の立場 | トップページ | 掛川の温泉宿 »

2003年1月19日 (日)

和菓子の店 東西考


文人墨客と呼ばれる人々は和菓子とは縁の深いものである。漱石の場合は藤むらの羊羹であった。私も藤むらの羊羹はその色といい甘さを控えた味といい好きな羊羹であった。京都から出た虎屋の羊羹は今では東京風の濃い味になっているが、その点東京の藤むらはむしろ京都の味といっていいような味の深い羊羹であった。しかし現在休業中とか、淋しい限りである。

昨日、京都文化博物館別館で「ロアレル賞連続ワークショップ2003 京都」「空間の色ーアートの可能性とその根源」と銘うった催しがあった。色をめぐる科学者と芸術家の対話と実演を特色とする内容で、東京から今回は舞台を京都に移しての講演会&対話集会であった。京菓子の「老松」主人の大田氏が熱弁をふるわれた話もよかった。質疑応答の時、私はふっと思いつくままこんな発言をした。

「京菓子の場合は地元の人々が何よりもそれを支えています。夏目漱石は藤むらの羊羹を愛しましたがその店は今では絶えてしまってますね。あの羊羹の色・味ともに消えたことは残念でなりません。東京では支える人々がいないとは。」

私は、漱石のためにももう一度あの由緒ある店の復活を願うのである。


「いやー珍客だね。僕のような狎客(こうかく)になると苦沙弥(くしゃみ)はとかく粗略にしたがっていかん。何でも苦沙弥のうちへは十年に一遍くらいくるに限る。この菓子はいつもより上等じゃないか」と藤村(ふじむら)の羊羹(ようかん)を無雑作(むぞうさ)に頬張(ほおば)る。 『吾輩は猫である』 四


宝暦年間(1751-63)に本郷4丁目に店を出した和菓子の老舗。黄味時雨や羊羹、田舎饅頭で名高い。夏目漱石が愛好した他、森鴎外も雁』の中でお常にここの田舎饅頭を買いに行かせている。本郷3丁目脇(文京区本郷3-34-6)で営業していたが、現在休業中。

|

« 学究の立場 | トップページ | 掛川の温泉宿 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。