« 『道草』の装丁 | トップページ | 猫の舞踏 »

2003年3月19日 (水)

生誕記念菓子 漱石ごのみ


 掲示板「夏目漱石が好きなかたへ」の中でご披露させていただいた松岡陽子マックレインさまのメールには、源吉兆庵という菓子屋についての記述があった。ここに再掲する。


 一月に私は東京の若い友人夫婦から大変面白いお菓子を頂きました。彼等は偶然それを銀座で見つけて送って下さったそうです。お店の名前は源吉兆庵(みなもときっちょうあん)、本店は鎌倉とか、 店主がよほど文学好きなのでしょう、生誕記念菓子というのを毎月作るそうです。
 
 一月は漱石で、ともかく、「夏目漱石ごのみ」という一月のお菓子の包装が大変凝っていているのです。箱自身が漱石の本になっていて、中身は彼が好きだった羊羹とお団子、それも凝った箱に入っています。お団子は「吾輩は猫である」の初版本の箱、羊羹は漱石の原稿がコピーされた箱という調子です。

 そのお店にサイトもあるそうですから、ご覧になったら面白いかもしれません。こんな凝ったことは日本以外では考えられません。


 陽子さまのお勧めに従い私は店のサイトを検索で探し、早速注文したのだった。ただ月代わりの3月は樋口一葉であり、注文できたのはその菓子になったが、漱石の箱だけはサービスに同封されて送られてきた。

 なるほどこれはおもしろい!箱の表紙には漱石がイギリス留学時代に描いた絵葉書で、中に入っているのは『我輩は猫である』の初版本、中村不折が描いたあのユーモラスな挿し絵。もう一つは鏡子夫人へ宛てた留学中の漱石の手紙である。

 菓子の味はさておき、このような趣向はファンにとってはたまらないものだ。私は今回漱石ならぬ一葉ごのみの菓子、栗饅頭と変わりカステラで漱石が好きだったお煎茶を飲んだ。値段が高いのも致し方ないと思いながらそのいっときを楽しんだ。

菓子箱を撮ってみたがいかがであろうか?


|

« 『道草』の装丁 | トップページ | 猫の舞踏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『道草』の装丁 | トップページ | 猫の舞踏 »