« 2003年4月 | トップページ | 2003年6月 »

2003年5月の記事

2003年5月28日 (水)

ジョージ ラウターシュテイン


 George Lauterstein この名前を自己流でカタカナになおすとタイトルのようになってしまった。
ジョージ。これでは間違ってますか?
直接ごご本人にお聞きしたいと思いながら、それもできないままにあなたは急に逝ってしまわれた。

 拙サイトゲストギャラリー「あなたの撮った茶のある風景」を作成するにあたり、ネットで知り合った写真家の方々に声をかけてご協力いただいくのが常であった。

 先に登場されたBさんがアメリカ人で親日家の写真家がいるからと仲介の労をとってくださった。それがジョージだったのである。こちらは写真のイロハも知らないしろうとだ。こんな私で果たして承諾されるだろうかと半ば諦めていた。

 ところが、彼は意外にも私のサイトがお気に召したようで、わざわざスイスにとんでいって撮りおろし写真を送ってくださったのだ。
 第1回2001年2月3日 、第2回 2001年4月22日。私は感激のうちに自分の手で編集しUPしたのであった。

 この時、一期一会の心というものを無言のうちに私は教えられた。茶を知らなくても彼は立派な侘びの人だと思った。ギャラリーに出展された後彼からのメールは度々、「あなたに我々は感謝します!」と書かれていた。彼の最愛のチェリール夫人がいつも蔭で私たちの交際を支えてくださった。

 今日の画像は彼の撮影になる「水と岩石」である。私はこの別館漱石サイトができた時、彼に「石と水のペンネームをもつ日本の作家にふさわしい画像を送っていただけませんか?」と厚かましくお願いしたことがあった。

 彼はトップページの漱石を見て「どうして私が彼の為に協力しなければならないのか!」とおかんむりだった。ああ、私の言葉足らずだった。あわてて「彼は1867年に生まれ、1916年に死んだ日本の文豪である。」とメールしたら、「すまない。私は大変な誤解をしていた。私を許してほしい。」とのお返事。

 チェリール夫人は私たちのメールのやりとりをにこにこと見ておられたようだ。お二人とも爽快なテキサス魂といえばいいだろうか。テキサスの人里はなれた山中に住んで、東洋の高士ともいうべき清貧の生活をしておられたジョージ夫妻。

 いまはジョージのご冥福をお祈りするばかりである。


| | コメント (0)

2003年5月20日 (火)

18歳 の 詩人


 最近インターネットによる衝撃的な事件がマスコミで盛んにとり上げられている。ネットで知り合った若者が集団自殺を決行するという。信号無視でもみんなで渡れば怖くないのあの心理であろうか。一昔前までは考えられなかったことである。

 諸刃の剣ということは昔からいわれる例えであるが、暗い面だけでなく明の側面をも公正に強調されるべきであろう。
 ネットのよさということの恩恵を私は充分に受けているし最近はそれを一層身に沁みて感じるのだ。

 一昨日(17日)、ひとりの若者の詩を読み感銘した自分であった。その年頃に私も詩のようなものを書いた記憶がある。けれども言葉の深さ、骨格の確かさにおいて到底比較できるものではないと思った。詩は作者の生のありようである。

 18歳の若者はハンドルネームをちょりという。ネットで活動する以前に彼は実生活で自分を表現した。家出、ガソリンスタンドやちらし広告を配るアルバイト、一時、高校生であることを休止して暫く安アパートで自活した。そして彼は詩を書いた。ギターを弾き、作曲をした。仲間と共に路上で演奏活動をした。

 これは現代の多くの若者がやりたいと思う夢であるのかもしれない。エリートの道をのみ目指す向きにははみ出し者だとする見方もあろう。帰るべき家があるから出来るのだとする声も聞かれよう。ただ、彼には確たるバックボーンがあるのではないかと私は思う。

 詩をもって人々に愛される文化としたい…。人間は本来平等だという夢…。そうして新たにこの道を踏み出したことの迷いと決断、それは生易しいものではなかったであろうと思われる。

 「あるく」というかなり長編の詩がある。
 この詩のなかに大叔父とある。その方がほかならぬ昭和天皇であること。この詩を読むにつれて読者はそのことを理解するのだ。作者は皇室のお血筋なのである。

 ちょりさん、本名 S.Akifumiさん。拙サイトと相互リンクのお付き合いがはじまったばかり。私の「最新情報」でご紹介したところ、彼は日記で心に沁みる文章を書いてくださった。
 詩篇とともに、味わいのある彼の日記も私は楽しみに拝読している。

Paprett(パオレ)  http://mypage.naver.co.jp/paorett/

† 日々、祝え。
blanket
DiaryINDEX|past 替えのきく僕はいらない。

2003年05月18日(日) つづいていくこと 。




| | コメント (0)

2003年5月14日 (水)

円覚寺と 『千羽鶴』のこと


 川端康成の『千羽鶴』を読んだのは娘時代であった。最初、円覚寺が舞台になっており茶の師匠や茶室にまつわる話に興味をそそられた。その内映画も見た記憶がある。私はまだ円覚寺の佛日庵がどういうところなのかを知らなかったが、千羽鶴の風呂敷包みをかかえた令嬢や志野茶碗の描写などは品の良い絵画を見るように思った。

 けれども私は今もってこの作品に出て来る登場人物はどうも好きでない。菊冶という主人公は漱石がいうところの高等遊民であるが、亡父の複数の愛人、その母子ともいとも簡単に深い仲になる。そうした行為を繰り返してもなんら苦しむことがない。

 また女性たちも男を虜にするさがには恵まれているようだけれど、精神的なかがやきを感じさせるであろうか。愛人でいることを職業にしていることの後ろめたさ、その陰影が昇華されたものとなっているだろうか?

 茶の世界で手練手管で成功をおさめた胸に黒あざのある女性。それに対して成功とは無縁のところで生きているはかなくも美しい女性。

 川端が「名品」とした志野茶碗、そして名品にたとえた愛人。
しかし、その茶碗を投げ打つ場面がひとつの見どころであろう。世俗的な茶道界の現実を作者はこの場面で表現し、自らのメッセージとしたのであった。茶人の執念ともいう醜の部分を描き、再生への想いを彼はこの1点に凝縮した。

 この点を、あまり批評家が触れていないのではないかと私は思う。たしかに突飛で無駄と思われる行為であろう。

 ただ、この世には無駄なものがあっていいことがある。その行為がなんの意味もないと思われることでもあっていい。大岡昇平の後、伊豆利彦氏と政府の顕彰をあえて受けない人もある。漱石、百閒の気質はもとよりのことである。

 主人の叔父である僧堂師家のH老師は90歳であるが軍人恩給を一切受けていない。自ら拒否したのだという。自分らと共に最前線で戦って死んだ兵隊達を思うとそんな金は受け取れないという。
貰わなかったら役人が使うだけではありませんかと私は申し上げた。

 うむ、それでもいいのだ…と、静かに叔父はこたえた。
そういえば、叔父の年祝いも主人の年祝いもうちではしないまま通り過ぎてきた。



| | コメント (0)

2003年5月 6日 (火)

風かおる 鎌倉漱石の会


 みどりの日の4月29日、私は鎌倉漱石の会へ出席するため前日から北鎌倉へ滞在していた。正確にいえば28日午後に東慶寺へ、閑棲の井上禅定さまとの面語。水月堂のほか茶室寒雲亭も見せていただき、室内撮影厳禁であるはずのところをカメラにおさめた。

 それから墓苑にお参りしたいという私に禅定さまは竹杖を持ち出して自ら広大な墓地に案内してくださった。山と谷のなかに造られた墓苑は呆然とするほど清浄でうつくしかった。林立する杉の木は釈宗演の後継者・古川尭道老師が明治に植えたのだという。

 私の参禅の師であったT老師は尭道老師のもとで修行した人であり禅定師とは兄弟弟子にあたる。二人でゆっくりと歩きながら古い記憶を辿り懐旧の情にひたるのであった。その一部分は「東慶寺墓苑を井上禅定師と」と題してUPした。

 夕刻には、七里が浜の宿舎へ移動し一泊。窓からのぞむ夕日、翌朝の海の景色もけっこうであった。早朝に東京を発ってこの宿を訪ねてくださったミモザさんと食堂でバイキングの朝食。それから又この前の時のように私を帰源院まで引っ張って行ってくださった。

 午前11時、待ちに待った漱石の会講演は伊豆利彦氏。演題「『道草』とその前後」出席者は帰源院の本堂に入りきらず庭に置かれた椅子にて熱心に聴講されている。出席者数340名の盛況。

 伊豆氏の話し振りはごく日常的なくだけた調子であったが、内容は漱石文学の核心にふれるもので後々まで考えさせられるものであった。拙サイトの掲示板でいっとき話題になったが、『道草』は伝記であり主人公即漱石だとする従来の見方に対して伊豆氏は明快に所論を述べられた。

 「だろう。」というのは漱石ではない。話者が書いている。話者と漱石とは別。姉の目、細君の眼、学生の目、漱石がその声色をつかう。虚構の中に人間を平等に見た。

 伊豆氏は<その後>として『点頭録』を挙げられた。今まであまり顧みられなかったこの一編は氏が早くから注目されていたものであった。そのため私は青空文庫に入力をお願いしたところ、熱心な工作員の方々のご尽力で現在では漱石作品にデータ化されている。

 風かおるこのよき日、本来なら勲3等の叙勲を受けるはずのところ、伊豆氏は辞退されたのだという。たしか大岡昇平氏もそうだったなあと私はどこか明るい気持ちになった。
日本はやはり自由のあるよい国である。

| | コメント (0)

« 2003年4月 | トップページ | 2003年6月 »