« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »

2003年7月の記事

2003年7月28日 (月)

百燈会の灯


 掛川市の郊外にくらみ温泉という田園地帯がある。ことし一月に行ったのがきっかけで(noteブックにも一月の下旬にしたためている)、そのご縁があって旅館のおかみさんから案内状が来た。

 その旅館の持ち山である百観音のお山に在る石仏・百観音に、灯明をあげておまつりする「百燈会」が催されるという。とくに今年はここで演奏をしたいと希望する音楽家が来て演奏するとあった。

 私は主人にそのことを話すと「行ってきたらいい。」とぶっきらぼう且つなんとかの一言。とたんに私は子どものように嬉しくなってしまった。私も一つだけお地蔵さんのような観音を寄進させていただいていたので、そのお姿を見たいし会いたかった。

 そしてその日が来た。26日に掛川へ。旅館に一泊、やはりここにも同志といったらいいだろうか、観音を寄進した方々のなかで今回参加された方が三十人位おられ、ご一緒に夕食。その後貸切バスでお山へ。おかみさんが歩きやすい運動靴を貸してくださった。

 山の石段を登る。点在する百観音へ供えられた真新しい行灯。旅館のご主人の手作りだという。私たちは次々に点灯しながら歩いていった。

 夏の宵闇のなかであかあかと百燈の灯明はもえ、ゆらめいた。
 私はいま、灯といえば寺田寅彦の漱石先生追憶の一文を思い起こすのである。この灯は街路であって灯明とはいえないだろうが、恩師をしのぶ灯として私には忘れられないものになっている。


臨終には間に合わず、わざわざ飛んで来てくれたK君の最後のしらせに、人力にゆられて早稲田まで行った。その途中で、車の前面の幌(ほろ)にはまったセルロイドの窓越しに見る街路の灯(ひ)が、妙にぼやけた星形に見え、それが不思議に物狂わしくおどり狂うように思われたのであった。
 先生からはいろいろのものを教えられた。俳句の技巧を教わったというだけではなくて、自然の美しさを自分自身の目で発見することを教わった。同じようにまた、人間の心の中の真なるものと偽なるものとを見分け、そうして真なるものを愛し偽なるものを憎むべき事を教えられた。

寺田寅彦



| | コメント (0)

2003年7月23日 (水)

ダメでなかった虎


 アメリカ大リーグの野球中継をたまにテレビで見るが、観客が静かにプレーを楽しんでいるのが好ましく思われる。野茂が開拓者となった日本人メジャリーガー達の活躍は、なんといってもこうしたおとなの環境に支えられている。

 ベースボールを野球という名に翻訳したのが子規であったとか、いやそうではなかったとか、そのためでもないけれども私はサッカーより野球のほうが好きだ。

 今のようなドームでは「野球」の名が泣くが、それでも選手の胸のすくようなプレーにはテレビ画面に釘付けになることもある。野茂、イチローをはじめとして技術面のみならず人間的に人を惹きつける。

 世界的になっているがサッカーでの観客の熱狂ぶりはすさまじいものだ。この点は日本の野球でのファンもあんまり差はないかもしれない。ことにターガースファンは際立っているようだ。

 私は「カミサマ、ホトケサマ、バースサマ」と熱狂したタイガース優勝のあの時代を思い出す。とにかく楽しかった!!
 ダメトラがダメでなかったんだと人々はどんなに勇気を与えられたことか。

 ところがその後元の木阿弥に戻ってしまったのだ。やはり…なぁと目をしょぼつかせるその横では、名門の東京ジャイアンツが威風堂々勝ちどきをあげてゆく。
 
 ところがことしは面白くなってきた。バースのような助っ人でなく、殆ど和製トラであるところが特徴だろう。メジャーで思いっ切り稼いできた伊良部の投球もいい。よい時世になったものである。

 政治とまったく同じで、相手が強くてこそよい試合になるのだから政治家も虎の強さをよくよく見習ってほしいと誰もが感じているだろう。

 スポースニュースによれば、好きな球団のトップは巨人で34%、次いで阪神の19%。ちなみに自民支持層の5割が巨人ファンで、阪神ファンは2割弱。民主支持層ではともに3割ほどだったという。

 先に書いた宵々山は、正しくは15日のことであった。
 今日の画像もやはりその日に新町通りで撮影した一枚である。



 
 

| | コメント (0)

2003年7月18日 (金)

浴衣すがたの男女


 宵々山といえば祇園祭のなかでも解放的な日である。
 宵山ほど混雑もしないだろうという思いもあって夕方に出かけるのだが、道行く人々が浴衣をきているのを見ると、あぁ、一年のうちでこんな日は滅多にないと思う。

 若い女性は洋服感覚で浴衣を着ていて、昔の浴衣すがたのようなしっとりした趣ではないが、それはそれなりにカラフルな可愛さがある。
 男性は殆どといっていいくらい洋服であるが、なかにはよく似合う浴衣姿の男性も見受けられた。

 京都で最大のメインストリートである四条通り、すべての車を通行禁止する交通規制。歩行者天国はまったく素晴らしい時間帯である。たまたまカメラのシャッターを押した時、仲のよいゆかた姿の男女が写っていた。

 カップルというのはこういう人たちだろうと私は思っていた。いたと過去形にしたのは、最近カナダの裁判所で同性同士の結婚を認める判決があったというニュースをアサヒコムで見たからだ。


 「カナダで2州目、同性の結婚認める判決 8日、バンクーバーの州最高裁前で指輪を交換するGさん(58)とB(35)さん=AP
カナディアンプレスによると、11年前から愛し合ってきた2人は「感激です。権利を求めてきた多くの人々のためにも誇りに思う」と声をそろえた。オンタリオに続き2州目の判決。」


 漱石が話題にした「両方にひげのあるなり猫の恋」の俳句を私はとっさに思い出した。
 なぜなら記事に添えられていた写真はそのことを如実に語っていたからである。
 新郎新婦ならぬカップルはともにひげをたくわえた男性であったのだ。


 漱石先生、
 この21世紀の現代に、なんとかおっしゃっていただけないでしょうか?




| | コメント (0)

2003年7月10日 (木)

祇園まつりはインターナショナル


 ごずてんのうさんて、知ってはりますか?
 天皇家の家系図みてもあらしませんえ。

 祇園祭りのご祭神はほかならぬ牛頭天皇なのであって、今ではスサノウノミコトが牛頭天皇となってるんだそうだ。神話の世界だからおっとりと聞いておくほうがいいのだろう。

 八坂神社によれば、「天照大神の弟のスサノヲノミコト(素戔嗚尊),その妻,クシイナダヒメノミコト(櫛稲田姫命)が,一説に都に流行る疫病を静めようとインドから牛頭天皇を呼び寄せ,66の鉾を神泉苑に送ったことに始まる。」という。

 そうなるとご祭神はインドにおわしたのだ。牛の頭とどういうカンケイがあるのか、こちらもおっとりと聞いて来たので今もって分からないでいる。

 ところがまだ面白いことがある。
 「八坂の名のとおり高麗から渡来した八坂氏の社と社伝にはある」と言い、また
「花街・祇園は江戸中期に門前の水茶屋から発展したもの。」ともいう。
 祇園はもともとインドの精舎の名であり、富裕な商人がブッダに帰依し寄進したものであった。

 しかし、高麗から渡来した八坂氏…、となればこれはますますもってインターナショナルではないか。私はすこし動揺していた。もっとも京都という土地は渡来人の影響が濃いのはよく知られているが、祇園祭までもがそうであるとは!

 京都町衆、日本における民主主義の歴史の一コマである祇園祭。これは京都人にとって何よりの誇りなのだ。
 去年の宵山には洋服で出かけ写真を撮ってきた私だけれども、ことしは久しぶりに浴衣を着て行ってみよう。


 今日の画像は、茶席内の鉾の飾りである。つい先日京都美術倶楽部で席主の「どうぞ撮ってください。」の声にほっとした。



| | コメント (0)

2003年7月 5日 (土)

本番 泥縄の歌


 いよいよ本番の日がやってきた。先に書いた泥縄の歌よみの本番である。それには先ず、今日という日がなんの日であるかに触れなければならない。

 裏千家十一代玄々斎精中(1810~1877)は、 幕末から明治の変動の時代に、「茶道は遊芸にあらず」とし、「忠孝五道を精励し」「貴賎衆人親疎の隔てなく交会」するものとして『茶道の源意』を書いているひとであるが、今日庵のみならずひろく茶道界に偉業を成し遂げた宗匠であった。外国人を迎えるための椅子式の茶礼を創案したのも玄々斎である。

 もとは三河領主の松平家に生まれ、10歳で裏千家十代認得斎の養子として迎えられたという。わずか10歳で実の母とも別れ他家に入った少年の胸中はいかばかりであっただろう。それを救ったのは養母となった認得斎夫人の愛情と傑出した教育であった。

 漢学をはじめとしてあらゆる学問・教養を身につけた玄々斎は17歳で裏千家十一代当主となる。今では考えられないようなことではなかろうか。よき人びとの広範な輪にも恵まれた。

 尾張徳川家、なかでも十二代の斉荘(なりたか)は、この玄々斎精中宗室に茶道を学んだ。ともに同年齢であったという。
 友人であり師弟でもあったふたりには茶道を媒介として深い信頼関係があったようだ。

 さて、こうした玄々斎精中という裏千家中興の祖と十三代十四代の歴代宗匠をおまつりし、供養する毎歳忌が今日の精中忌なのである。
 宗家において神聖な座敷である咄々斎、その八畳の間で七事式という協働の点前をご奉仕させていただく。
 いつものことながら緊張と感激の瞬間である。


 本番に私に与えられた花は、白京鹿の子であった。
 この花と紫の桔梗を一輪、花台から取り出して、私は竹花入れにそっと挿した。
 それから懐中していた短冊を出して歌をしたためた。

白京鹿の子 
        十歳にて今日の庵にきたまいし 
                  大いなる君 白京鹿の子 

 京鹿の子の京と、今日庵のキョウをかけて私は玄々斎への手向けの歌とさせていただいた。
 泥さんの縄はなえたのかどうか、どうも自分ではわからない。

 それでもお家元は、「みんなが玄々斎に手向けてくれてありがとう。」と、おっしゃって文台に載せた五枚の短冊を床の間に飾ってくださった。
 ただ感謝あるのみ!
 



| | コメント (0)

« 2003年6月 | トップページ | 2003年8月 »