« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »

2003年12月の記事

2003年12月26日 (金)

クリスマスのパン と シスター


 イブには毎年必ずパンを作って持ってきてくださる方がある。
カトリック修道院でシスターたちが作られる菓子パンだ。クルミやナッツなどの木の実が入っており、見かけよりも中身はずっといいので私は毎年心待ちにしている。

 ケーキ作りには第一人者と自他ともに認めていたシスターポーラは今アメリカに行って留守だとか。高校の学校長でありながらケーキ作りが得意というすこぶる魅力的な日本女性なのだ。彼女がいないのでで今年のパンは例年より品質が劣るのだという。

 友人であるシスターカーラが今日、プレゼントのパンを運んできてくださった。リフォームした居間のこたつに入ってもらい久々に語り合った。シスターは学校では経理担当の仕事をされ、そのほか茶道の指導もされている。

 いぜん拙宅に稽古にみえていた時期があった。修道院ではわからない世間のものを多少なりともお伝えしたのかもしれない。私の傾向として点前よりも水屋、取り合わせ、道具の見方、茶書についての語り合いなど…。お恥ずかしい指導であったが、むしろシスターから学んでいた自分を思う。

 来年4月の中宮寺での山吹茶会、お家元のお献茶、今日庵席、淡交会奈良支部席、そしてかたじけなくも私が一席釜をかけさせていただく。その添え釜ということに話が及んだ時、シスターは目を輝かせて言われた。
 「私はおてづだいに行きますよ!」

 足を痛められ、長く坐っていられないというシスター。
 無一物ということとは異なるけれども、自分のわがままから門人を持たない私にもこうした方々の多くの支えがあり、とにかく一会は進行しそうな気配である。
  
 ことしもクリスマスのプレゼントは修道院特製のパン!みかけよりも中身が美味しいのが嬉しい。

 そして更に私は、インターネットの恩恵を胸をあつくして思うのである。

 今日の画像は、寒牡丹。松庵茶会12月例会で撮影したもの。
 春牡丹には青い葉が豊かにあるが、寒牡丹には殆どない。そして古木を添えるのが慣わしとなっている。




| | コメント (0)

2003年12月12日 (金)

鎌倉漱石の会 冬日のなかに


 12月9日の漱石忌を前にして7日の日曜日に開催される鎌倉漱石の会に参加するために、私は前日から大船の宿舎に滞在していた。
 京都を離れるのは一年のうち数えるほどしかないがご縁の有り難さ、鎌倉もうでのこの行事は私にとって欠かせないものになった。

 先ずホテルから東慶寺にお電話して井上禅定さまのご都合をお伺いする。電話に出られた方から「じつはきのう転んで骨折され入院されています。」との思いがけないお知らせ。10月には長年連れ添われた夫人に先立たれたばかりと知ったところだった。まことにおいたわしい。

 しかし、禅定さまのことだ。持ち前の平常心で時間がたてば回復されることだろう。心からご快癒をお祈りしたい。

 翌7日の朝8時半には東京からミモザさんがホテルまで来て下さりごいっしょに朝食をとる。

 雨もようで寒かった前日と打って変わり、この日は陽射しもやわらかく円覚寺境内を幸せな気分で帰源院へと歩く。漱石会会員の方々が黙々と山門への石段を登って行かれる。落ち着いた雰囲気をもつ方々だ。

 本堂に坐って、ご住職が作られた恒例の甘酒を早々と頂戴することにした。前々回だったか遠慮して最後にミモザさんと手を出したところ品切れでガッカリ。今回帰源院和尚さまお手製の甘酒はあったかくていいお味だった。 

 午前・午後とも研究者のそれぞれご専門の講話で、漱石の留学時代の作品と手紙、フランスと英国に絞られたもの。いつもながら学生にかえった気分で聞かせていただく。

 本堂でなく庭の腰掛で静かに聞き入っている会員の方々。こうした不変の読者に恵まれた作家は日本で何人有るだろう。

 大正5年12月1日、漱石は病臥の床で「香をたいてほしい」と鏡子夫人に頼んでいる。夫人は「梅ヶ香」をたいてやりました、と『漱石の思い出』には書かれている。私はその光景をふっと思い浮かべた。

 茶道で炉の季節に用いる練香にその「梅ヶ香」の香名がある。私は帰源院のご住職に手土産にもと持参していたが、ついにお渡しする機会もないまままた京都に持ち帰ってしまった。

 100年後の今、漱石先生はこのようにして、香をたいてもらっているのである。冬日のなかに、こころ厚い多くの読者によって!
 今日の画像は帰源院の本堂と庭での昼食時である。
 

 



 

| | コメント (0)

« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »