« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月の記事

2004年6月23日 (水)

白夜のフィンランドから


 北欧のフィンランドから1通のメールが舞い込んだ。フィンランド人男性と結婚している日本人妻のように自己紹介をいただいた。

「偶然、わびすけさまのHPを拝見しましたが、宝物を見つけたような心境です。日本の素敵な様子が写真で拝見出来て、見ていると気持ちがすーっと落ち着いてまるで茶室にいるような気分にさせて頂けます。」

 ヒサコさんというお名前のその女性は、「娘が大阪の実家にいます。」とお書きになっているのでご主人とも熟年のご夫婦といっていいかもしれない。昔、お茶を京都の或る女子大の茶道部で習い、結婚後もそのまま大切な趣味とされてきたという。

 写真が3点ほど添付されていた。裏千家・千玄室大宗匠がフィンランドの茶室披き記念講演会で講演されているッスナップは最新のニュースでもあり、私としてもことのほか嬉しい写真であった。

「ヘルシンキ市にある、フィンランディアホールで300名以上の観客が大宗匠のすばらしいお話に聴き入っていました。」
 お話によると、日本大使公邸ではハロネン大統領にも大宗匠はお茶を点てて差し上げられたという。その時の大統領のひとことが、じつに立派である。

 「春の味がする。」
 それがハロネン氏が一碗の茶を喫した際の、ことばであった。グリーンテイーのほろ苦い味。しかしその中に萌える植物である茶の葉の、春を感じ取られたものと思われる。
 それにしても、なんという詩的な感想であろうか!

 大統領と大宗匠のティーセレモニーのことは、次の日の新聞に大きく写真入りで掲載され、ニュースでも放送されたという。最近の日本人といえば、恥ずかしい援助交際や考えられないような殺人事件等が、ドイツなどでは日本の現実として報道され、在留邦人は肩身が狭いと聞くのである。

 そして、ヒサコさんは最後に、次のような言葉で結んでいる。
「海外で日本人を正しく理解してもらうことはとてもむずかしいのです。今回の大宗匠の来フィンをきっかけに日本人を正しく理解してくれるフィンランド人が増えるのではないかと、とてもありがたく思っています。」

 大宗匠の講演風景のスナップはPhotoBBSへ掲載することにして、ここには白夜の画像を出してみよう。夜の11時半、外はまだ明るくこれがヒサコさんが撮ったその夜の写真である。





| | コメント (0)

2004年6月20日 (日)

命を張って主人を救った犬 ナナ


 「愛犬ナナ:6日ぶり見つかる、けがなく無事 南アルプス 毎日新聞 2004年6月20日 20時44分」
という毎日ウェブの記事が目に飛び込んできた。思わずよかったと声をあげ、明るいニュースに今私はごきげんになっている。その話というのはこうだ。
 
 山梨県南アルプスの峠で13日、下山途中の自営業、三上浩文さん(43)が、前方のクマザサのやぶから飛び出してきた体長約80センチのクマに襲われた。

 足でけるなど抵抗したが、手足をかまれ血だらけ。しかし連れていた愛犬「ナナ」が激しくほえて走り出したため、クマはナナを追って走り去った。

 この記事がウェブに出てからというもの、ナナの安否を気遣い救援を望む声が日に日に高まった。尤も犬は熊に食われたのではないかとの予想もあったが、生存の期待のほうがはるかに大きかった。

 人間界ではこうした美談が出ると、どうも素直には受け取られない。けれど動物の場合ならあるがままに伝わるのがいい。
「ナナには総理大臣になって欲しい!」などど巨大ウェブ掲示板で書き込みが出てくるのも微笑ましく見てしまう。

 人間なら出生の善し悪し、学歴、肩書きなどが幅をきかすようだが、動物はもっと純真な生きものだ。もと捨て犬だったナナは5歳の雌。拾われてからは山登りで主人と行動を共にした同志でもあった。

 過去の記事を辿ると次のようになる。
 「甲斐駒ケ岳や八ケ岳にも一緒に登っている。」と三上さんは話した。
 そして、「恩返しをしてくれた」と涙ぐみ、ナナの帰宅を待っている。」(毎日新聞)[6月14日20時32分更新]

 昔、忠犬ハチ公は銅像になった。現代の若い人たちにはこちらのナナのほうがわかり易いのではなかろうか。
 といって、犬もネコも動物が主人を想うことには変わりはない。

 ヘクトーという犬を飼って犬好きな面があった漱石。平成の多難な時代の、こうしたエピソードは荒らしの中の静けさのようにも思われてくる。

 今日の画像はトラノオ、虎の尾とかけば動物になるがやさしい草花である。 





| | コメント (0)

2004年6月 4日 (金)

好漢 夏目房之介さん


「夏目漱石・夏目房之介が探す祖父“猫”誕生百年」
このようなタイトルで、NHK教育テレビのスペシャル番組を見たのはつい先日だった。硬派のマンガ・コラムニストとしてずいぶん前からいい仕事をしておられる房之介さんは、人気の高い現代作家である。

 この番組の視聴率がNHKの1パーセントを越えたということからもこの作家の人気度が知れよう。

 テレビでは夏目家で今回発見された原稿から、房之介さん独自の読解によって『文学論』の意義がわかりやすい語り口で展開されていたが、それでも私にはまだまだ難しかった。

 ただ、批評家とは視点が違うということはストンと納得がいった。漱石ほど批評家が群がる作家も少ないと聞く。ある意味で漱石は評論家を養ってきたといえるかもしれない。けれども、房之介さんは偉大な祖父に反抗した挙句に、漫画家となり独自の道を拓いた方である。

 テレビを見ながら、私は従姉弟にあたる松岡陽子マックレインさんのご性格をも併せて想い、生一本の坊ちゃんの気質はやはり遺伝するのだわ、と心が明るくなった。漱石の文学・学問、そしてその生き方を誠実につきすすめていかれる方々だと思った。

 マックレイン陽子さんはといえば、先日滞在先の東京のホテルから電話をくださり、たのしいおしゃべりをさせて頂いた。多摩市の中学校から依頼され講演をされたらしい。『坊ちゃん』を読んで面白かったという声が殆どだったそうだ。

 中学生はいいとしても、電車の中で若い女性が念入りに化粧をしている光景にはもう、ビックリした!とのこと。それから人々の虚栄心から服装や装飾品で飾り立てることも嘆かわしいと話された。まことにその通りであろう。

 今日の画像は昨年、出版された著書『漱石の孫』の内扉にサインしてくださった自筆マンガである。
 鎌倉漱石の会のkiraさんから贈られ歓声をあげたのがつい昨日のようだ。



 

| | コメント (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »