« 2006年今日庵宗旦忌 時雨のなかに | トップページ | 漱石忌 北鎌倉へまいりました »

2006年11月26日 (日)

今の世で評価されなくなった 陰徳(いんとく)


ノロウィルスでこの四日間は胃腸をからっぽにしました。

イスラムでは断食が聖なる行いとされていると聞きますが、腹ふくれるだけでは不自然なのかもしれません。

茶友のSさんは私より先にこのウィルスにやられその一部始終を電話してきました。彼女は医者には行かず正露丸を一日に3錠飲んで3日で治したそうです。

正露丸、、、そうでした。日露戦争の時に兵士達が常備した丸薬で、もとは征露丸。露西亜(ロシア)をやっつけるという意味で征の字が使われたのでした。クレオソート丸が最初の名前だったようです。

Sさんは年齢的に私よりかなり年長ですから旧い事柄をよくご存知です。それに両親の面倒をよく見られ、そのためもあってず~っと独身を通してきました。

彼女は胃腸病が治ったあと、すぐに宗家の宗旦忌の七事式に出演しましたが、本人は内心不安で途中で倒れなければいいがと思っていたと、後で話していました。

Sさんは茶道の正教授で組織の大役をしていますが、その長に就任するまでには表面には出ない軋轢があったのです。彼女を長にしたくないボス的人物がこう宣言したそうです。

いまから6年前のことです。

「第一、あんたには、肩書きが無いからね。」
そう言った方には茶道だけでなく大学名誉教授という重々しい肩書きがあるのです。

Sさんはその時、ことばを失ってただ泣いたそうです。
組織とは無関係な私ですが、私はSさんを蔭から応援していました。私は彼女に電話で申しました。

「あなたはご両親のお世話をされて見送られ、ご弟妹の面倒も見られ立派に家を守ってこられたひとですよ。
陰徳を積んでこられたことは知るひとぞ知るです。
世俗的な肩書きなどより高い次元で立派な行いをされたじゃありませんか!」

圧力をかけた人物は自分の弟子を長にすえる考えがあったからでしたが、結局選挙で決着をつけることになりました。肩書きではなく人物のSさんが選挙の結果選ばれたのは、もちろんでした。

今ではそうしたことがあったのかも忘却のかなたですけれども。

しかし、茶道の世界はもう昔とは違っています。ご存知のように、政治家は集金能力のある者を重用します。

組織ということになると、世間の厳しい命題がかかってくるのでしょうか。

禅の師家(しけ)は弟子を打ち出すのを「一個半個」と言ったと伝えられます。
ひとり或いは半分であっても真の人物を養成することを目標にしたのですね。

禅も茶も個の間はいいのですが、いったん組織となりますと…、難しいものと思います。

教育の問題が現代日本の最大の不安材料になっています。

私はつくづく思うのですが、先生という立場にある方々が謙虚であってほしい。そして母親の立場にある方々が昔の日本の母親のような素朴なひとであってほしいと。

陰徳、目にはみえない蔭のよい行いを、昔の母親は子どもに教えていました。

学校の先生のいうことをよく聞きなさい。弱い者をいじめたり、強い者にへつらったりしてはいけません。読み書きそろばん、その三つを大事にと、、、、、。

現代に生きる若い女性は、明日の日本を作る母体なのです。
人の肩書きに惑わされること無く、本質的なものを追求していってほしいと思います。
無力な自分を棚に上げてごめんなさい。


拙稿 小川一真アルバムから 女性美を見る

明治の古写真 茶摘みと茶道

|

« 2006年今日庵宗旦忌 時雨のなかに | トップページ | 漱石忌 北鎌倉へまいりました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。