« 南座の顔見世 京から江戸へさがる | トップページ | 買い初めでなくっても タカシマヤ »

2007年1月 1日 (月)

わが家の茶室

L1010293komanotoko1
台目の床です。赤松の床柱。南側の下地窓の自然光が差し込んでいます。



L1010292mahoko1 
かげを撮りたいと思ったのです。
L1010298mahokobizen1 
花入れを見るにはストロボも必要ですね。


L1010297bizen1
花の向きで表情がかわりますでしょ。
庭に咲いていたヤブツバキを一輪手折ってきました。葉は5枚なんです。

花入れはアメリカ在住の女性陶芸家の作品。備前の土ではないのですがよく出来ています。東京へ里帰りされた昨年の暮に、宅急便で送られてきたものです。この方はずっと以前から私のサイトの愛読者でいらしたお方。ありがたいご縁と思います。

Clayさん、ご覧になってますか? 今日の御地のようすはいかがでしょうか。



一保堂のお正月用の特別・青雲のお濃茶をあけまして、いっぷく自服したしました。

そうそう、大晦日のきのうは年越し蕎麦を、毎年約束事のように家族で食べました。ドラははじめてソバを食べてる私のソバに来て、それホシイよって鳴きました。


私は左の掌にソバを2、3本入れてススメました。なんとドラは美味しそうに食べるではありませんか! なんどもおかわりをしたのですよ。

獣医の先生から、「この子にはうどんやカボチャを与えてください」と言われてましたが、これまでは全く受け付けてくれなかったのです。
あ~~、よかった。猫もいい年越しができました。ことしもがんばって元気でね。

|

« 南座の顔見世 京から江戸へさがる | トップページ | 買い初めでなくっても タカシマヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南座の顔見世 京から江戸へさがる | トップページ | 買い初めでなくっても タカシマヤ »