« 炭点前から 竹の蓋置(ふたおき) 略書院かざり | トップページ | 栄西禅師へのお献茶 副席をかける喜び »

2007年5月30日 (水)

大徳寺利休忌 今日庵当番 淡敬会席

ことし5月28日、大徳寺聚光院(じゅこういん)にて、利休居士の月命日法要。そして追善の釜が裏千家の当番。今日庵席に添えて直門の淡敬会がお釜を懸けさせていただきました。


三玄院北門のまだ開かれていない門扉に、「在釜」の小旗。7時台でもすでに遠隔地からおまいりの方々が佇んでおられました。


無量寿塔。同門の物故者すべての方々の 供養のために。


大徳寺 玉舟筆 南山雲起北山雨下

くずやき 鶴屋吉信製


玄々斎 しぼ竹 尺八 銘鳳篝(ほうしょう)。 花 山法師。

山法師の花がぼけてしまいました。すみません。竹の質感なりとご覧いただけますでしょうか。

Rimg0021nagaita1
長板二つ置き 水指 染付 花鳥
Rimg0017ennousai1
 
認得斎在判 黒雪吹  茶杓 円能斎作 銘 昔語(むかしがたり)


関連ページ 

2003・5・28 道 愛 ひと そして 茶 初夏の大徳寺利休忌


2001・5・28 大徳寺利休居士月忌茶会

|

« 炭点前から 竹の蓋置(ふたおき) 略書院かざり | トップページ | 栄西禅師へのお献茶 副席をかける喜び »

コメント

宗恵様
山法師はアメリカン花ミズキとは似ているようで趣が異なりますね。
私もとても好きな花です。新潟は今が過ごしやすい時期なのでしょうか。大徳寺の利休忌は今日庵当番が2月、5月、8月、11月ですから28日を目途に計画をたてられるといいでしょうね。

mohyo様
> 山法師は山帽子ということもありますか。

はい。そのようですね。ヤマグワともいい、漢名は四照花とも。
強壮効果があり、実は果実酒にされると聞いていますが、一度飲んでみたいものですね。カリン酒なら造りましたが。

投稿: tsubaki wabisuke | 2007年6月 4日 (月) 00時49分

いつも貴重な記事をありがとうございます。
初歩のお点前から抜け出ることがでいませんが
いつも良かったとおもいながら帰ります。

山法師の花が季節感をあらわしていていいなあと
感じました。山法師は山帽子ということもありますか。

投稿: mohyo | 2007年5月30日 (水) 22時02分

今回も貴重な画像を拝見することができ
ありがとうございます。
玄々斎のしぼ竹の花入れに、山法師がすっきり入って
気持ちがスーッとなりました。
こちらでは山法師は咲き始めです。

昨年9月の利休忌に他流さんのお席へお邪魔しましたが
今度は裏千家のお当番の時に参りたいと思います。

投稿: 宗恵 | 2007年5月30日 (水) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 炭点前から 竹の蓋置(ふたおき) 略書院かざり | トップページ | 栄西禅師へのお献茶 副席をかける喜び »