« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の記事

2007年6月26日 (火)

あじさいの雨 多佳女のこと

  • 生きものに感謝「放生会」 (京都市) …大橋昭博さん撮影(京都府)
写真 京都・祗園で6月3日に行われた放生会(ほうじょうえ)。舞妓らが金魚を川に放流生きものへの感謝の心を示す。(yomiuri)

リンクさせて頂きました画像は、かつて「大友」のあった付近。白川、巽橋の動画です。感謝!

http://www.yomiuri.co.jp/vbox/index/list/toukou103.htm

http://megalodon.jp/?url=http://www.yomiuri.co.jp/vbox/index/list/toukou103.htm&date=20070625000832

祇園は京都では独特な読み方で花街(かがい)という古風な地域です。伝統の礼儀正しいしきたりが今も守り続けられているのは、五花街の中でも祇園甲部が一番といわれています。

都をどりは祇園甲部歌舞練場で開催される祇園甲部の舞(まい)の会です。明治5年(1872年)に京都博覧会の際に創演され、時の京都府槇村知事が歌の作詞を書き、井上流家元、井上八千代が振付した京都をあげての町興しでした。東京遷都のショックから立直るための大イベントだったのかもしれません。

今なお、都の誇りを掲げる伝承がここに生きている祇園町。その祇園甲部にあって文芸芸妓とうたわれ、著名な文人たちの集う文芸サロンとなっていたお茶屋「大友(だいとも)」の女将であった多佳女…。

磯村たかは、明治十二年(1879)、 祇園新橋のお茶屋の二女として出生。父親は下級武士の出で、芸妓であった母親の名はとも。その名前をとって屋号が出来たようです。茶屋といっても暗い環境ではなく平穏な家庭に育っています。美しい芸妓の姉は万亭(一力)に嫁ぎましたが、多佳は三味線の弾き手となり、和歌や絵を熱心に学びました。

蓮月尼の門人であった歌の師上田重子についていましたが、多佳を養女にと望まれた程、歌の才にも恵まれていたのでした。文学と絵画に知識を深めて行ったことも文人客を喜ばせることになりました。

花柳界のなかで、器量のいい芸妓ではなかったとしても、誠実な愛をもって生きたひとりの才ある女性としていつまでも人々の心に生き続ける多佳女。若き日にこうつぶやいたそうです。

「一に器量、二に芸…といわはりますけど、祇園の女は器量だけやない思いますんや。」

私はをんなのたおやかさ、芯の強さ、清冽なものを水の音さえ聞くように感じました。

その多佳は終生、雨の日と紫陽花の花を好んだといいます。巽橋のかかる白川辺の元あった「大友」の庭には紫陽花が植えられていた由。そして、昭和二十年(1945)5月に多佳は養子又一郎の家で静かにみまかったのです。

やはりこの日も雨が降り、紫陽花の花がうつくしく咲いていたと、『祇園の女 文芸芸妓磯田多佳』の著者、杉田博明氏は書かれています。

それでは、お多佳さんに贈られた文人客の手向けの歌をここに。

あじさいの 花に心を 残しけん 人のゆくへも しら川の水・・・・谷崎潤一郎

年ごとに 君がこのめる 紫陽花の 花は咲けども 多佳女世になし・・・・吉井 勇

◇ 

2006/06/17 京都 東山区 祗園町 南側

IT新聞tsubakiコラムに掲載された拙記事です。

| | コメント (4)

2007年6月19日 (火)

京都の風流を愛した漱石

R1010479hatunokawa2

昭和41年11月9日句碑建立。除幕式は翌年の 昭和42年4月9日に。

しばらくお休みしていたIT新聞のコラムに、今日以下の記事が掲載されました。

京都の風流を愛した漱石 祇園の多佳女の看病に癒された日々

磯村多佳は、明治43年7月発行の『新小説』の「代表的婦人」という欄に、上村松園、鳩山春子、福田英子、平塚明子、などの各方面で活躍中の女性の紹介記事があり、多佳女の名前はその中に見えるのです。

新橋縄手東入妓楼「大友(だいとも)」に生まれた多佳女は、祇園一力の女将おさだの実の妹で幼少のころから読書を好み、歌と俳句を学び絵は浅井忠に師事。一時文芸芸妓の名が高かったといいいます。

この続きは今夜にでも書くことにして…。

| | コメント (0)

2007年6月16日 (土)

鴨川の畔に建つ漱石の句碑はこのようにして

漱石と京都

明治二十五年 夏

子規と京都に遊ぶ

明治四十年 春

朝日新聞社入社のため上洛 狩野亮吉邸に泊す

虚子と遊び「虞美人草」等の取材を得 後 春はものゝ句になり易し京の町 の句もあり

大正四年 春

旅亭 大嘉(この付近)に泊し 一草亭 青楓らと仕事の疲れを医す

漱石病み 祇園の磯田多佳ら看病のことあり

句碑の 春の川を隔てて男女哉 は三月 多佳におくった句である。

昭和四十二年四月九日 

以上の銘文は京都漱石句碑の会が、漱石を敬慕する有志の方々の浄財をもって建立した句碑の事由をしるしたものです。鎌倉漱石の会を創始し代表であった鎌倉在住の内田貢氏が京都にもと考えられ実現したのでした。

昭和42年2月9日(旧暦では1月5日)は、漱石生誕100年になるのでした。けれども除幕式は2ヶ月後の昭和42年4月9日、漱石生誕100年を記念碑として行われました。
京都にて漱石句碑除幕式。
(京都滞留の宿屋跡の句碑。京都市御池通東端川畔
大正4年3月下旬、祇園のお茶屋「大友」の磯田多佳女に与えた色紙。
「     木屋町に宿をとりて川向の御多佳さんに
    春の川を隔てて男女哉   漱石       」

発起人は漱石ファンの篤志家18名。

秋山、阿部、石村、磯田、今来、内田、金子、北山、小石、小林、高山、津田、中島、西川、三浦、山口華、山口昌、山本、の諸氏でした。

当時、高山市長のお名前もみえています。地元の京都を主として全国から集まった篤志家の寄付金で建立された比叡山の形の八瀬・真黒石の句碑。京都を代表する発起人の中島氏は祇園甲部の取締役でした。

北山氏の司会、鎌倉円覚寺帰源院富澤住職による禅式の「開碑香語」。多佳女のお孫さんの磯田日出子嬢の序幕。小林氏の「春の川」句朗読。内田氏の経過報告。京都市文化観光局長の石堂氏の祝辞もありました。

この日は春雨のなかに句碑はしっとりと、黒く自然石のかがやきをもって漱石生誕100年顕彰が行われた一日であったといいます。

その後、この句碑は京都漱石句碑の会から京都市に寄付されました。私は市の観光課に問い合わせたところ、つい先日以下の回答がありました。

「京都女子大学、堀井氏により、平成9年3月10日、京都市へ寄付の申し出があり。寄付受納、4月10日。」

ところが、当時はあった駒札も今はなく、管理も手がまわらないのでしょうか。京都市民が殆ど漱石句碑を知らない、気づかないといった現状なのです。

たいへん残念なことと思います。

これをお読みくださったみなさまは如何お感じになりますでしょうか?

なお、句碑の銘板には、書かれていないところがあります。 明治四十二年(一九〇九)十月、漱石は二日間だけ大阪から京都に立ち寄っています。

10月15日、朝鮮(満韓ところどころ取材)から船で下関港。下関発京都行きの一等寝台で大阪へ向かう。人力車で大阪朝日新聞社に行き、夕方京都へ。三条小橋西の万屋に宿泊。翌16日は嵯峨や北野天満宮などを見る。

面白いのは、電車で四条の襟善(えりぜん)に行って買い物をしているのです。その買い物とは半襟と帯揚げなどでした。鏡子夫人やお嬢さんがたへのお土産だったのでしょうか。漱石のやさしさが感じられます。そしてこの夜、東京に発っています。

参考文献

小林孚俊氏の私家版『漱石と多佳女』(昭和61年4月9日)

内田貢氏の「夏目漱石と帰源院」

荒正人氏「増補改訂・漱石研究年表」

| | コメント (2)

2007年6月 9日 (土)

栄西禅師へのお献茶 副席をかける喜び

6月5日は 恒例の建仁寺献茶式。開山栄西禅師の年忌法要。裏千家家元のお献茶があり、ことしも副席をかけさせていただいた淡敬会でした。ご参拝のみなさまへご奉仕できることの喜びを頂きました。

R1010449kenninjikutsu1_1 
法堂沓(はっとうくつ)。 正式な法衣を着用する時の唐様沓(靴)です。
高位の僧のみに履くことが許されているとか…。禅宗で襪子(しとうず)の上から履くと聞きますが、さて、襪子(しとうず)とは? 指の分かれてない足袋のご先祖で、べっすともいうようです。
R1010452daicyuin1
R1010454kougetsu1_1
R1010462haiken1
水指 鉄鉢 東大寺伝来
拡大画像です。盛阿弥作 棗の底には、直書あり。さてどなたの?
はい。一燈さんですよ。覚々斎の箱書きもございます。


兄と 弟と ということで私が説明しているものを少し…。


兄と弟が ここに いてはりました。はい、竺叟(ちくそう)さんと一燈さん。裏千家八代叉玄斎一燈宗室のお兄さんがこの竺叟(ちくそう)さんです。実はこのご兄弟、表千家からご養子にこられたお方のようです。

表千家・如心斎の二番目の弟が、裏千家七代竺叟宗乾。25歳の若さで急逝。そして三番目の弟が裏千家八代叉玄斎一燈(ゆうげんさいいっとう)。

このご兄弟の合作ともいうべきものは、今日のこの一会にご覧頂けます。花入れと箱書き。そしてさらに、棗と箱の書付。

極めつけに覚々斎の外箱が出てまいります。裏千家八代一燈と表千家六代覚々斎。
この方は如心斎の父。おなじく竺叟一燈兄弟にも父に当たる方のようですね。

養子といいますと昔、「こぬか三合養子に行くな」とかいわれたもんですけど、こんな立派なご養子はんがいてはったもんと深く感じ入ります。

なお「如心斎と一燈は兄弟であるとともに、利休の伝統を守る二つの千家を担う人であった。」と筆記された表千家関係の貴重なウェブサイトをみつけました。
「如心斎と一燈」をどうぞクリックしてくださいますよう!

http://www.geocities.co.jp/Foodpia/1095/cha/ittonyosin.html
お時間のない方にはここでその一部を引用させて頂きましょうか。


「 兄の如心斎が弟の一燈宗室のところへ茶に行ったときのこと。一燈に請われるまま、
如心斎は炭をついだ。同席していた水雲という一燈の弟子が見ていて、如心斎が帰るや
こんなことを一燈に言う。「如心斎という方は花は上手ですけれど、炭は下手ですね。」
一燈は笑って答えた。「そんなことはないよ。私は花はまずまずやるほうだが、炭は下手だ。
だからそれを隠すのに炭点前にアヤをつけるのさ。
兄が炭点前を何なく平々凡々にやってのけるのにはとても及ばないよ。」
 一燈宗室の言葉に謙遜の意味が含まれるのは言うまでもないが、
茶の湯にとって当たり前にすっと済ませることは一番難しく、一番大切なことである。」



ひとまず写真だけをアップしておきました。。。




2001年6月 建仁寺開山忌 献茶式・茶会


2003年6月 建仁寺献茶式  四代目の家系 或る業躰家

2004年6月 家元とヤブレガサ 建仁寺献茶式の日

| | コメント (6)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »