« 日本インターネット新聞編集委員選賞を受賞しました 「古都つれづれ」 | トップページ | 江戸博物館創立15年記念 「文豪・夏目漱石そのこころとまなざし »

2007年9月22日 (土)

長老ねこの不思議

ねこの鳴き声には、訴えるものがあります。ドラのことをいいますと、最近からだの苦痛を訴えるような声をあげることが多くなりました。首とお腹の両横がふくれ、食欲もなく新しく汲み替えた水ばかり飲んでいます。

獣医科にも久しく行ってないのですが、先生に留守電を入れておきました。この先生は必ずお返事をくださるので猫の病状といいますか、いまの様子を話しました。
これまでの経過を書きますと、腹部に大きい癌ができているという診断を受けていました。高齢だから手術もしないほうがいい。そっと余生を送らせてやるといいだろうということで、私もなっとくの上で病気のねこと付き合ってきたのです。

「番号、2685 M、Cat です。ご無沙汰しています。
食欲がなくずいぶん痩せました。尿と便も出ないようです。きのう、お腹をさすってやっていましたら、運よくピューと細い噴水のようなオシッコが出ました。それが長く一分間くらい続きました。でも尿だけで終わりです。癌は大きいのがお腹の両横に二つ、首に一つ、ふくれたままあります。医院に行くのを嫌がりますので何か楽になるお薬をいただけますでしょうか?」

まあ、患者としては、不届きな依頼でしょうねえ。でも、こんな話が出来るような理解のある獣医さんなんです。3時間くらい後になってからお電話がありました。

「カルテを見ましたが、7ヶ月来てもらっていませんな。連れてこれませんか?」

「すみません。洗濯ネットをかぶせて袋に入れていくのを嫌がります。医院から帰ると2,3日とてもおびえて近よらなくなるのです。18歳ですからそっとしておいてやりたいのです」

「老衰でしょう。砂糖水をやると力がつきますよ。コーヒー用の砂糖シロップ、小さいのを店屋に売ってますからそれを2倍に水でうすめて飲ませてみてください。葡萄糖注射と同じような効果があります」

「ありがとうございます。便が出ないのはどうしたらいいでしょうか?」

「子供用のイチジク浣腸を買ってきて少しだけいれてみますか。しかし食べないのであればそんなことは必要ないでしょう」

「本当にありがとうございます。機嫌のいいときにまた連れていきます。教えていただいたことを様子をみながらやってみます。」

いい先生でしょう。こんな立派な獣医の先生がいらっしゃるから、いつも安心していられるのです。このところ、ドラはもう、最期が近いのではないかと思うこともありました。主人が東北へ旅行に出かけていましたし、留守中にもしものことがあれば、などと独り思いわずらっておりました。
友人からの電話で、「大丈夫です。ねこはちゃんと分かってますよ。きっとご主人さまを待ってくれてると思います」ということばを聞いて、目頭があつくなりました。
それが昨夜のことです。山形から主人が帰ってくる知らせがあって、玄関の戸の開く音がしましたので、玄関に出て見ると二畳敷きの畳の最前列にねこが行儀よく坐っているではありませんか!
あんなに体が弱っていたのにそんなそぶりも見せないで、主人が留守だったこともみんなわかっていたんだ…、胸がいっぱいになりました。重病のねこを看取った先の友人の話は本当だったのです。
主人はなにごともなかったように、ねこの頭を撫でて「ただ今」と声をかけていました。私への言葉はねこの後になりました〈笑)。
家の中がいっぺんに明るくなった気持ちです。今日もドラは布団のうえに横たわって休んでいます。すこし食べたようすですし、当分大丈夫でしょう。
ありがとうね。ドラさん!

|

« 日本インターネット新聞編集委員選賞を受賞しました 「古都つれづれ」 | トップページ | 江戸博物館創立15年記念 「文豪・夏目漱石そのこころとまなざし »

コメント

まー様
ワンちゃんその後いかがですか?

>うちのワンコは14歳、今月は持病の患部の現状を写真に撮ってメール添付し獣医さんに診て貰い、お薬だけもらいにいきました。

PCで通信が出来る獣医さんですか。PCがこんな場合役立つようですね。

>痛いので3本脚でケンケンしながらも元気よく散歩しています。

よかった!お世話されるまーさんとワンちゃんと日ぐすりで明るくなられた頃でしょう。がんばってね。


りえこ様

和の学校はインターネットから出発してさらに実社会への活動の場を広げられまことにご同慶に存じます。編集長のあなたがよくここまで堅実に内容を深められました。和のが学校つながりで富樫様やぞうべ様のような頼もしい男性方がこちらへもお寄りくださっていることも、ありがたく存じます。

久しくご無沙汰でしたが昔のようにお書き込みいただきましてとても嬉しいです。お宅のもみじちゃん、くーちゃん、それに新入りもみんな可愛い盛りですね。うちの子みたいに病気しないよう祈っています。

投稿: tsubaki wabisuke | 2007年9月26日 (水) 22時59分

ああ。読んでいて涙が出ました。
なんて良いお医者さん、
なんてケナゲでかわいいドラちゃん。
そして、そのドラちゃんを見守るわびすけ様の
なんて素敵なこと・・・。
毎日追われるように仕事をしておりまして
「他の人のホームページを見てる場合やない!」
と自分に言いながら、ついつい来てしまいましたが
ああ、よかった。
こういうお話を拝見できて、気持ちが豊かになりました。
さ、がんばって仕事しよう!
わびすけ様ありがとうございました。
ドラちゃん、少しでも食べてウンチが出ますように、
痛いことがありませんように、
お祈りしています。

投稿: りえこ | 2007年9月23日 (日) 18時50分

車が好きで自分から乗って寛ぐ猫と暮らした事もありますが、病院やその道中にストレスを感じる犬猫だと可哀相で、赤ちゃんの頃から車やケージに慣らしておけば良かったと思います。
うちのワンコは14歳、今月は持病の患部の現状を写真に撮ってメール添付し獣医さんに診て貰い、お薬だけもらいにいきました。痛いので3本脚でケンケンしながらも元気よく散歩しています。
ドラちゃんも少しでも飲食できますように。のんびり元気でいてくださいね♪

投稿: まー | 2007年9月22日 (土) 22時58分

この記事へのコメントは終了しました。

« 日本インターネット新聞編集委員選賞を受賞しました 「古都つれづれ」 | トップページ | 江戸博物館創立15年記念 「文豪・夏目漱石そのこころとまなざし »