« 26才の青年横綱・朝青龍 心はどこに? | トップページ | 日本インターネット新聞編集委員選賞を受賞しました 「古都つれづれ」 »

2007年9月 9日 (日)

2007年9月7日裏千家無限忌 副席

R1010631hiroma_2   

ご夫婦の忌日がまったく同じというのは、世の中にはあまり多いことではありません。9月7日にお二人のご遺徳を偲ぶ一会にことしもご奉仕をさせていただきました。

無限忌とは、裏千家第十四代碩叟宗室、淡々斎の名で親しまれているお方です。1893年(癸巳,明治二十六年)にご出生、1964年(甲辰,昭和三十九年)9月7日に逝去。伝道に行かれた北海道で急死されました。享年70歳。

無限斎の斎号と碩叟の号は大徳寺の瑞巖老師が授けられたものです。淡々斎の著書『風興集』には、その間の謂れが詳細に書かれています。瑞巖老師は無限斎のことを「人中の英」と讃えておられるのです。

淡々斎は学問を重要なものとして学び尊んだ方です。今は学者といえばサブカルチャー的な言動をされる風潮がありますが、本来はそうしたものではなく本格的な学者を尊敬されました。淡交社刊『茶道古典全集』はその偉業を余すところなく伝えていると思います。

嘉代子夫人は仙台のご出身。美貌に加え才気と母性的な心配りで人々を魅了された方でした。その夫人の法名清香院様は後年、最愛の夫君の後を追うように同じ9月7日に逝去されたのでした。ことしもその法要が聚光院にて厳かに執り行われました。

R1010632hana

R1010630mugenkitoko_4

床は円能斎一行 清風拂名月(せいふうめいげつをはらう)。円能斎は無限斎の父君。

淡々斎好みの円意棚 歌と在判が天板裏にあり。秀斎造。 

R1010642enidana

ものごとに 障らぬものは 円かなる おのがまことの 意(こころ)よりこそ

私ども直門は、大徳寺における無限忌の副席を例年のごとくご奉仕。三玄院の茶席のもようを水屋仕事の合間に撮りましたが、カメラの故障でうまくいきませんでした。多少見られるものだけアップしてみました。

道具は当番持ちよりです。高価なものを見せてもらうのですから勝手な批評は避けたい処ですが…。私の感じたことは、風炉の雲華面取りの色彩がちょっと目立ち過ぎているようで、全体の印象から惜しいと思いました。難しいですねえ。

花入は淡々斎好、無心籠。

水指は古膳所(こぜぜ)、渋く味わいのあるものでした。

R1010643haiken_2

棗は秋の野棗、八代宗哲の作。これは利休好。

茶杓 淡々斎 銘 初雁、風情のある茶杓でした。

茶碗 淡々斎歌銘 「松風」 覚入造

茶杓の銘と同じ「初雁」のお菓子が今日庵席で出されておりました。末富製。黒砂糖にくずで作られ中に白い百合根の一片が入っているものです。御所前の松屋ときわが有名なお菓子でしたが、最近はお目にかかれません。

いずれ『淡交』に掲載されることですから、どうぞそちらをお待ちくださいませ。

スライドショー 2006年8月7日 無限斎宗匠毎歳忌 清香院さま27回忌法要 副席

 

|

« 26才の青年横綱・朝青龍 心はどこに? | トップページ | 日本インターネット新聞編集委員選賞を受賞しました 「古都つれづれ」 »

コメント

>球技関係者のために揮毫
な~るほど!
川上哲治さんに同名の著書があるとは…
わびすけさまは何でもご存知なんですね。
ありがとうございました。

投稿: 宗恵 | 2007年9月12日 (水) 10時51分

宗恵様

>お床は瑞巖老師の「球禅一味」でした。

剣禅一如とか、日本では昔から謂われていますね。元巨人軍の川上哲治さんの同名の著書も出ているようですよ。でも瑞巖老師がお書きになったとはねえ。きっと球技関係者のために揮毫されたものでしょう。

投稿: tsubaki wabisuke | 2007年9月11日 (火) 15時41分

無限忌になると、お二人の命日が同じ、ということに毎年感動してしまいます。
お席の様子をアップしていただき、ありがとうございました。

6日の支部の月釜のお床は瑞巖老師の「球禅一味」でした。
珍しいお言葉ですよね。

投稿: 宗恵 | 2007年9月10日 (月) 11時48分

ハンナ様
写真がみえにくかったでしょう?新しく購入してからまだ日が経ってないカメラを不覚にも床へ落としてしまった結果でした。自分がやったことでなくっても同じことです。それからというものカメラが変調をきたしどうしようもありません。明日にでもカメラ店に伺います。

菓子器や茶碗などの画像がもう少し覧になりたかったら、ココログほうへクリックして頂きますよう!

投稿: tsubaki wabisuke | 2007年9月 9日 (日) 22時00分

ルソン様

ネームがフィリッピンのルソン島。ルソンさんがその回顧談をなさるとなぜか故郷を語ってらっしゃるように聞こえますね。そろそろ日本の故郷をお話願えないでしょうか(#^.^#)。

北海道で研究生活を送ってらしたのですからそちらの話題がぴったりですよ。これからお茶の稽古が順調にいくように祈っております。

投稿: tsubaki wabisuke | 2007年9月 9日 (日) 21時33分

ぞうべ様

探し出して当該の書き込みを見てまいりました。昭和六十一年の出版といいますと。西暦1986年。今から21年前になりましょう。その書物でしたら私も愛蔵しております。ぞうべさんが古本屋でみつけられたとお聞きし一層あなたの熱意を感ふかく存じました。愛妻家でいらっしゃいますからなおのこと共感されたのではないでしょうか。コミュでのご投稿有難うございました。

投稿: tsubaki wabisuke | 2007年9月 9日 (日) 21時26分

わびすけ先生
無限忌の様子を拝見しました。いつもながら丁寧な解説もありがとう
ございます。淡々斎好み無心籠初めて拝見しました。
お疲れが出ませんようにお祈り致します。

投稿: ハンナ | 2007年9月 9日 (日) 18時39分

去年の今頃フィリピンの調査先(現場)に毎週のように通いながら、“「近代化による経済発展」で人々は何を得、何を失うのだろう”と考えていました。スペインの植民地になってから米国、日本、そして、米国などが新たな価値観と文化を持ってフィリピンの「近代化」に良くも悪くもさまざまな影響を与えてきました。

近代化と引き替えに過去の歴史が消えてしまうことがしばしば起こりますが、この記事を読んで、「それではイカン」と改めて思いました。記事にあるような日本の中で育まれた文化は、時代が変わっても大切に守っていかれるのですね。ちなみに、水指がとても素敵だと思いました。

投稿: ルソン | 2007年9月 9日 (日) 18時19分

わびすけ様
裏千家無限忌、拝見しました。お二方をおしのびし毎年催されるお茶席の様子を居ながらに見せていただくことができ有難うございます。清香院様とお二方の事柄を記した「無限斎 清香院の遺芳」と題したご本のことを裏千家トピの「どうぞお気軽に 談話室へ」のNO178に投稿させていただきましたがお読みくださいましたでしょうか。コメントでもくだされば嬉しく思います。

投稿: ぞうべ | 2007年9月 9日 (日) 16時45分

この記事へのコメントは終了しました。

« 26才の青年横綱・朝青龍 心はどこに? | トップページ | 日本インターネット新聞編集委員選賞を受賞しました 「古都つれづれ」 »