« 長老ねこの不思議 | トップページ | 見聞記 江戸博物館で特別展「文豪・夏目漱石そのこころとまなざし」 »

2007年9月28日 (金)

江戸博物館創立15年記念 「文豪・夏目漱石そのこころとまなざし

開会式・内覧会のご招待を東北大学から頂戴いたしましたのでこころ踊る思いで、東京両国へ行ってまいりました。ご招待には同伴が許されるとのことで、お知り合いの方お3人にもお声をかけいたしました。各地から駆けつけられたのは漱石先生の魅力でございましょう。この特別展の内容については後日、IT新聞のコラムに書かせて頂くつもりです。


両国、江戸東京博物館 全景が撮影できなくてこれは入り口から


「文豪・夏目漱石 そのこころとまなざし」開会式 午後6時~


内覧会 漱石のお孫さんの半藤末利子さんとご主人の半藤一利さんにお会いして楽しく立ち話をさせていただきました。


言問い橋の記念の立て札。 関東大震災のあと、昭和3年に建設されたものですが、昭和20年東京大空襲の悲惨な記念碑となったものです。この地にこうした歴史があることに胸が痛みました。


江戸博のとなり組といってもいい Dホテルに宿をとりました。そのロビーで。

きもの好きな方のために、白状しましょうか。えり善製のきもの、帯、帯上げ、帯締め、半襟。漱石展にはこの装いをと…。

ご存知と思いますが、漱石が京都へ来た折、わざわざこの店を訪ねて妻の半襟を買ったことが漱石の日記に書かれています。、




松岡陽子マックレイン様にこの展覧会の写真を2枚添付メールで送信いたしました。こうした会場内の写真を公開することはご法度になっておりますから、会場外のもののみここではアップいたしました。

2009/9/28 03:29 松岡陽子マックレイン様

伊津子様

 メールが息子の所にいってしまい、今朝彼が転送してくれました。息子健(けん)も今は大学勤め(大学のヘルスセンターの医者)なので、私と同じメールアドレスを持っています。
〈中略)
御送りいただいたメールは”y”がぬけていたので、息子のところにいってしまったということです。ともかく、すぐ息子が転送してくれよかったです。

 お写真どうも有り難うございました。とても楽しく見させて頂きました。相変わらずお美しい和服姿でいらっしゃいますね。漱石の好んだお店でお買い求めになったのですね。新聞で読んでいましたので、展覧会が私が日本へ行く前に終わってしまい、とても残念だと思っていました。妹の名前は「末利子」という字を書きます。彼女は昨年転んで足を怪我して二ヶ月も入院したと言っていましたから、少し老けたのでしょうか。私が小学校六年の時に生まれたのですから、私より一回り近く若いのです。亡くなった長女の姉と末利子は十六歳も離れていました。半藤は相変わらず大活動していますね。

 ではもう一度御写真お送り下さり有難うございました。

陽子




半藤様ご夫妻のお写真はここでは掲載できませんが、いぜん、鎌倉漱石の会で講師としてお話を伺ったとき、撮影させて頂いたことがございました。現代の論客として正論を世に送っていらっしゃいます。おふたりのお写真は、半藤家が提供された漱石の着用したきものの前で私が撮影、ステキなご夫妻です。内覧会のおかげでした。

2002年5月12日 夏目漱石展から 鎌倉漱石の会へ 

|

« 長老ねこの不思議 | トップページ | 見聞記 江戸博物館で特別展「文豪・夏目漱石そのこころとまなざし」 »

コメント

お、おはずかしや~~。きものに注意を向けていただき拙文へのお叱りをはぐらかしてしまいました。
ミモザさんがおっしゃるような資格は私には到底ございませぬ。たまたま、好都合が重なったという偶然にございます。文京漱石の会の皆さんはさぞ入念に点検、もとい、展観されたことでしょうね。羨ましい!

皆さま、お返事が遅くなって失礼いたしました。これに懲りずまたきげんよう書き込んでやってくださいませ。

投稿: tsubakiwabisuke | 2007年10月19日 (金) 22時02分

わびすけさま
 お久し振りでございます~。
 江戸博の漱石展、わびすけさまは開会式、内覧会にご招待ですか!?―――羨ましいっ! さすがっ!
 我々一般漱石ファンは、一般公開後の混雑の中での観覧でした。私は漱石友達と4人で観に行きました~。皆さん、それぞれ興味は違うし、観るペースも違うので、4時に出口で、と待ち合わせて、バラバラに観て、あとは恒例の食事とおしゃべり―――皆さん、いっぺんにはとても観切れないので何回か通うとおっしゃっていましたよ。
 それにしても、ロンドンで漱石が買ったたくさんの本!―――こんな本を買わずに、もう少しゼイタクな暮らしをして生活を楽しんでいたら、あんなに苦しまずにすんだかも、と本が恨めしいような気がする反面、自分の欲望を自制して高く志を持っていたからこその、漱石の人生だったのだ、とも思い、複雑な気持ちでした。

投稿: ミモザ | 2007年10月 4日 (木) 23時24分

わびすけさま。えり善のお着物の装い、素敵です!
この前も新聞に朝日新聞大阪あるデスマスクが展示されたことが出ていました。お江戸に飛んで行きたいのですが、かなわず残念です。公式ガイドブックのことを伺いましたので、せめて本を求めることにいたします。半藤さんの書かれたものは漱石せんせいのことに限らず、見かけたら読むようにいたしております。

投稿: あきら | 2007年10月 4日 (木) 19時04分

まぁ!帯、帯上げ、帯締め、半襟もえり善でしたか!
とても素敵で会場の雰囲気とぴったりでしたね。

あれから帰ってから、あれよあれよとわたしの人生の転機が訪れました。
これもわびすけさまから連なる運がわたしについてきたのかと…。

IT新聞のコラムも楽しみにしております。

投稿: 宗恵 | 2007年10月 2日 (火) 23時17分

ハンナ 様
当日はご参加くださいましておめもじ嬉しく存じました。「お供で参らせて頂きましたので写真はもちろん日記にも書く積りはございません」と仰るハンナさん。組織の親支部で重要なお役をなさっている方だけに、謙虚なお言葉に感銘いたしました。
この時の会場内の写真の公開には問題がありますから、会場外のスナップでまとめました。
きものに関心をおもちの方々が意外に多いことを知りまして恥ずかしながら拙画像をアップいたしました。京都の友禅のきもののささやかなPRにもなればと(#^.^#)

ぞうべ様

仰るように、あの本はコンパクトで内容が豊富でたのしく出来上がっていますね。値段も手ごろですしね。

>初公開資料も多数掲載。オールカラーでコンパクトにまとめられており手元に置いておきたい一冊です。ただ126Pの写真はショックでした。

ああ、漱石の臨終のときですね。お子様が鏡子夫人に願われ朝日の撮影班が撮った最期の写真ですね。厳粛な気持ちでしか見ることが出来ません。

投稿: tsubaki wabisuke | 2007年10月 2日 (火) 14時54分

椿わびすけ 様

偶然の一致というのでしょうか、27日に紀伊國屋で何か面白そうな本はないかと、うろうろしておりましたら目に付いたのが「文豪・夏目漱石ーそのこころとまなざし」という本でした。
帯に東北大学創立100周年記念、朝日新聞入社100年、江戸東京博物館開館15周年記念展の公式ガイドブックとあります。生涯、創作の裏側、愛した美とは。初公開資料も多数掲載。オールカラーでコンパクトにまとめられており手元に置いておきたい一冊です。ただ126Pの写真はショックでした。

投稿: ぞうべ | 2007年9月29日 (土) 01時20分

京都えり善のお着物・帯・帯上げ・帯締め・半襟・・
この日のためにお作りになられたのでしょうか・・
とてもお似合いでステキです。

投稿: ハンナ | 2007年9月28日 (金) 23時15分

この記事へのコメントは終了しました。

« 長老ねこの不思議 | トップページ | 見聞記 江戸博物館で特別展「文豪・夏目漱石そのこころとまなざし」 »