« 宗旦忌 明日は350年忌 11月19日 | トップページ | 漱石忌 松岡陽子マックレイン先生来日 »

2007年11月21日 (水)

旦少年のおもかげを偲び もえる紅葉を写しました

Img_2943kouyou2

スライドショーをアップしました。

11・21スライドショー大徳寺山内の紅葉 宗旦忌350年の日にhttp://wabisuke.la.coocan.jp/soutankinohi2007.html

宗旦さまには「旦少年」とよばれた時期がおありでした。旦少年へ贈るというその題名のままの漢詩が記録に残されています。
贈った方は禅の師匠である春屋和尚です。親の元を離れ小僧さんとして大徳寺に預けられた十二、三歳の旦少年に、慈愛に満ちた励ましの漢詩の内容なのです。

春屋の『一黙稿』は、淡交社から嘗て淡々斎が序文をお書きになり刊行されています。私は愛読していたその書物をどこかへしまいこんで今詳述することができずほんとうに残念に思っています。

けれども宗旦忌の日に、旦少年のおもかげを思い、協賛釜の水屋でご奉仕できることを感謝しておりました。スライドショーは解説がなくともお茶人さんがたはご存知と思います。

法堂(はっとう)。~芳春院。~本坊。~じゅ光院。高桐院。最後の不審な場所は、夕食をいただいた某所。

きものをご披露することは京友禅のPRにもなりましょうか。いま厳しいこの業界に元気を出してという老婆心でございます。きもの好きな趣味を一人でも多く増やして欲しいところです。

      

|

« 宗旦忌 明日は350年忌 11月19日 | トップページ | 漱石忌 松岡陽子マックレイン先生来日 »

コメント

Clay 様

19日の午後、水屋で働いておりますと「お友達が椿さんはいらっしゃいますかと、お見えですよ」と同僚が知らせてくれました。高桐院のなかでも「北意軒」は利休屋敷から移築されたと伝えられる由緒ある書院です。ここでアメリカからお越しになったClay 様

まあ、とうれしく思いましたのは陶芸の力仕事をなさるとは思えない程、華奢なからだつき。笑顔がとても可愛らしい女性だったのです。

誰かに例えるなら、そうですねえ。古くは倍賞千恵子か、現代ならドリカムの吉田美和子ですか。どちらも私のお気に入りなんですよ。といってもあまり詳しくございませんが。

クルスティー先生は熱心に床の掛け物をご覧になってましたね。どんなご感想を漏らされたでしょう?

投稿: tsubaki wabisuke | 2007年11月23日 (金) 22時52分

お疲れさまでした。ご法要、お茶会とお忙しかったことと存じます。
そんな中、お出ましいただき、思いがけずお会いできて嬉しかったです。
わびすけさまは、とてもお若くて、美しくいお姿に、控えめな刺繍のお着物がとてもお似合いでした。お陰様で、良い旅の思い出ができました。ありがとうございます。どうぞお体を大切に またのお目文字を楽しみにしております。

投稿: Clay | 2007年11月23日 (金) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宗旦忌 明日は350年忌 11月19日 | トップページ | 漱石忌 松岡陽子マックレイン先生来日 »