« 『御仏にいだかれて』中宮寺門跡歌集 最後の編集委員会 | トップページ | 歌川国芳の浮世絵に猫が主人公になる »

2008年1月26日 (土)

公共の言論機関における誤記 広辞苑の他にも

 最近、権威ある大手出版社で誤記があることが発覚し、マスメディアで取り上げられている。50年もの間、誤記が問題になることもなくまかり通っていた訳である。それを各新聞者が同じ論調で報道しているが、もとはといえば、この誤記に気付いた人物にスポットを当てるべきではなかろうか?

 大手メディアはいずれも後追い記事である。しかも最初に報じた新聞社の名を上げていない。これを客観的に論じているのは、インターネット新聞社JANJANであった。



 「岩波書店は、誤りを【外部から指摘された】(毎日)と説明している。この問題をはじめに報じたのは全国紙ではなく、20日付の『神戸新聞』のようだ。内容も緻密で一読の価値がある。」

参照:
「広辞苑」誤記見落とし半世紀 芦屋の解説、実は須磨(神戸新聞WEB)

 地方新聞といえども、都市新聞各社が後追い記事を出したのとでは全く値打が違うと思うのである。



 読者は権威ある広辞苑に間違いは無いと思い込んで利用して来たのだと思う。しかし、出版社の校正の仕事としてしてはチェックが甘い。外部からの声があったとしても取り上げることはしなかったのだろう。

 人間のすることである以上、すべて不完全である。ただ、その事実を謙虚に認め、いかに対処するかで展望もひらけてくるだろう。しかし残念ながら現実は、あらゆる誤記が公共の言論の場で訂正されることなく、まかり通っているのである。

 昔から「話半分」といわれているが、それは物事には懐疑的な目も必要だという知恵を教えているのである。自分で体験したことには絶対的な信頼をおいて差し支えないが、他からの伝聞には一応用心したほうがいい、ということなのだろう。



 私がかつて編集した記事のなかに、同一の問題を提起された著名人の方があった。鈴木大拙の厚い信頼を受けておられた北鎌倉、東慶寺の井上禅定師である。かの鈴木大拙でさえ、記憶違いから後世に残る誤記を、訂正の機会も無いままに残されたという内容である。

 夏目漱石が釈宗演老師の原稿の英文に朱を入れたことがあったという一事は事実ではなかったと、検証をもとに明らかにされた。

 しかし、もう後の祭りなのであった。鈴木大拙の言として『夏目漱石と帰源院』( 鎌倉漱石の会発行 )にも取り入れられ、漱石研究家の江藤淳までそれを事実として『漱石とその時代』第一部に執筆した。

さらに、その誤記の部分が世間一般に流布し既成事実となってしまっているのだ。

参照:
歴史の町-鎌倉と川越円覚寺6
金子務公式ページ

 禅定師は、「大拙居士の私宛の書簡に、『歴史の「事実」なるものは、、、大率あてにならぬと見ておくべきでせう』とあるのが実際である」と書かれている。まことにそれは真実であると思う。

関連リンク:
鈴木大拙と夏目漱石のこと(井上禅定、拙サイトへの特別寄稿)

拙稿は、インターネット新聞JANJANの連載コラムとして、掲載されています。http://www.news.janjan.jp/column/0801/0801259532/1.php

もし、応援してやろうという奇特な方があれば、掲載記事の下にある例の箇所をクリックしていただければ嬉しいです。

|

« 『御仏にいだかれて』中宮寺門跡歌集 最後の編集委員会 | トップページ | 歌川国芳の浮世絵に猫が主人公になる »

コメント

お風邪の具合はいかがでしょうか?
お風邪が長引いておられたそうですがいかがでございますか?私もウイルス性の胃腸炎に罹りましたが幸い軽くて助かりました。
janjanの方も読ませていただき、ポチッととクリックしておきました。コメントを書くほどの知識もなくてすみませんが、間違いに気づいて訂正できればよいのですが、気づかないままにいることが以外に多いのかもしれませんね。
私共も物を教える時に間違いに気づいた場合は訂正をする勇気が大切なのでしょうね。

投稿: さんご | 2008年2月 4日 (月) 23時20分

お晩です、、、と東北風に皆さまにご挨拶してみますね。そちらの言葉には詳しくございませんが、標準語より情のあるような感じがするのです。

ここ1週間ばかり風邪が長引きまして臥せっておりました。どうしても家の中では思うように参りませんので一時避難のトーチカへ(^_-)。そこ、餅は餅屋で一応元気になって戻りました次第です。物入りはもちろん(-_-;)

失敗談をいろいろ承りまして、こちらなんぞもっともっとございますと手を高くあげそうになりました。でも間違いを知らないことはもっと悲惨ではないでしょうか。分からないと分かるのは救いがありますが、それを分からない場合のなんと多いことでしょう。皆さまに感謝です。

投稿: tsubaki wabisuke | 2008年2月 2日 (土) 22時18分

「本に書いてあることを鵜呑みにせず、自分自身でいろいろ調べないといけないのだ」

きもにめいじます、私も顔から火が出る思いをしました、松尾芭蕉と正岡子規をmmmで登録しておりましたが、法隆寺編で芭蕉・「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」と書き込んでおりました、後輩の高校教師のOBに検閲の依頼をしていた場所です。
斑鳩観光協会様からのご指摘を受け大変恥ずかしい思いをいたしました。
後輩に何所をチェックしているのかと文句を言いましたが、悪いのは全て自分です。

投稿: らくがき庵 | 2008年2月 1日 (金) 08時35分

わたしもつい先ほど、誤った事実をブログやミクシィのコミュに書いたことを知り、深く反省いたしました。
本に書いてあることを鵜呑みにせず、自分自身でいろいろ調べないといけないのだ、と実感。

応援クリック、ポチッ☆いたしました。

投稿: 宗恵 | 2008年1月29日 (火) 12時25分

最近、ある学習教材出版社が外国に販売用地球儀を作成させた際、その外国の主張するままの領土地図のものが出来上がった事件がありました。
今回は国の根幹にかかわる事件ではありませんが誤記がそうと知られぬ内に事実誤認を既成事実としてしまった罪は重いですね。
かの先達ですら事実誤認、研究は難しいものなのですね。

投稿: 片腰 | 2008年1月26日 (土) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『御仏にいだかれて』中宮寺門跡歌集 最後の編集委員会 | トップページ | 歌川国芳の浮世絵に猫が主人公になる »