« 歌川国芳の浮世絵に猫が主人公になる | トップページ | 二月二十八日 大徳寺利休忌 淡敬会席 梅と椿と »

2008年2月11日 (月)

新宿区立漱石公園がリニューアル完成式典

先月末から体調が最低といった状態でした。茶道の方面でもみな不義理を重ねておりましたが、八日には思い切って東上してまいりました。

じつは、新宿区の区長さんから「新宿区立漱石公園がリニューアル完成式典」のお招きを頂いていて、光栄なことと身の程も考えずに新幹線に乗って早稲田のホテルに一泊。大変寒い日でございました。翌日には十時前に漱石公園に到着。お馴染みの新宿区役所の方々がにこやかに迎えてくださり、友人の写真家の関健一さんんもいらしておりほっと致しました。

R1010918sosekikoenhando

R1010922kaikaisiki1

R1010923kiru1

さっそく当日のもようをIT新聞に送信しました。本日の日付で掲載されておりますのでURLを下記に。

http://www.news.janjan.jp/photo-msg/0802/0802100506/1.php

R1010930handousan_3   

漱石が江戸牛込に生まれ、後年、東京都新宿区となってからの居住の記録を見ると興味深いものがございます。生家で過ごした期間。養子に出されて養家先で暮した期間。それぞれ住所が異なるのです。

養家から生家へ戻った期間も、塩原家と離縁し養子縁組を解消し、晴れて夏目金之助となった時期もはっきりと記録されているようです。

生年月日: 慶応3年1月5日       没年月日: 大正5年12月9日

新宿区在住期間
牛込馬場下横町 ※同地にて出生 ※区指定史跡  慶応3年1月~明治元年11月

内藤新宿北町裏16       明治元年11月~2年3月
内藤新宿仲町             明治4年6・7月頃~6年3月

牛込馬場下町           明治9年~19年9月頃
矢来町3中ノ丸          明治36年1月~同年3月

早稲田南町7 ※同地にて死去 ※区指定史跡     明治40年9月~大正5年12月
新宿区の記録に学ばせていただきました。

|

« 歌川国芳の浮世絵に猫が主人公になる | トップページ | 二月二十八日 大徳寺利休忌 淡敬会席 梅と椿と »

コメント

お寒い日でしたから、ご参会の皆様大変でございましたでしょうに、
和やかなお写真のお姿に心が温まりました。
綺麗になった公園に、今度東京に伺う機会があったら、
私も是非立ち寄ってみたいと思っております。
漱石山房の再建が待ち遠しいですね。
でも公園の整備だけであれだけのお金がかかるのですから、
この先も随分皆様のお力がいることでしょう。

投稿: ハレのはは | 2008年2月14日 (木) 21時36分

ご体調は如何でいらっしゃいますか?
時どき東京ぶらり散策を楽しんでおりますが
またひとつ歩く目標ができました。

先日、tokeijiさまへのコメントを拝見しまして
私が利用しておりますアンテナが
リンクと同じであることが分りました。
ありがとうございました。
ちょっとアタフタ致しました (^^ゞ 

投稿: つれづれ草子 | 2008年2月13日 (水) 14時30分

お元気なお姿を拝見できホッといたしました。
漱石公園には是非行かなくては!
半藤末利子さんのご主人は長岡のご出身なので
勝手にですが親しみがあります。

投稿: 宗恵 | 2008年2月11日 (月) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌川国芳の浮世絵に猫が主人公になる | トップページ | 二月二十八日 大徳寺利休忌 淡敬会席 梅と椿と »