« 新宿区立漱石公園がリニューアル完成式典 | トップページ | 旧西園寺公別邸 清風荘にて »

2008年3月 1日 (土)

二月二十八日 大徳寺利休忌 淡敬会席 梅と椿と

史実からみれば利休忌は二月二十八日になるのですね。毎年のように今日庵の担当となりますのでことしも、今日庵席、直門淡敬会席、淡交会京都連合会席、と三つのお釜が懸かりました。私の所属している淡敬会は大徳寺山内の三玄院で終日参詣の方々をおもてなし致しました。

R1010960daitokujirikyuki2

R1010961kogo

R1010963tabakobon

R1010972yomogi

R1010966tana

R1010967temae

R1010965muraji 

淡敬会のトップ。大正末期?昭和初期? 大先輩の元気じるしのお姉さま方。みんなの目標みたいです。時には美味しいもん、おごってくれはります~~。こんごもよろしゅうに。

R1010970muraji

R1010964hanaire1

R1010976hako

R1010980machiai

R1010974kaiki1

床の間の掛け物は、一燈さんの「有梅添月色」(梅あり 月の色を添う)。

夜の中に香る白梅の古木があります、、、梅の花が彼方の月の光に静かに照らされるさま、、、眼の前にに浮かんでくるようですね。

花入 竹二重切 銘 清波 一燈在判 箱

こちらも同じ一燈の作。清々しい気韻があたりに満ちているような花入れでした。カメラが手ブレしてしまい、お恥ずかしい画像ですみません。

香合 蕗の薹 了全造

会記をどうぞ。そうそう、菓子はよもぎ餅。老松製。お茶は辻利園。長久の白。

皆さま、この茶杓には驚かれたのではないでしょうか?

ご存じと思いますが、玄々斎に千代松という一人の子息があり、一如斎とよばれました。
養子の玄々斎は最初、まち子という認得斎の長女と結婚、まち子さんが不運にも急逝されましたので、前妻の妹であるてる子さんを娶ったと伝えられます。

照女と書かれた染筆をご覧になったことはございませんか。てる子さんは書も巧みな才媛で、晩年の父と夫君を援けて箱書きをされているのを時として見ることが出来ます。

そのてる子さんと玄々斎の間に出来た一如斎は、惜しくも弱冠十七歳で夭折。少年とは思えない芸術の香りがふくいくと漂うのを感じるのです。天性の秀でた宗匠の魂に触れる想いでした。

茶杓の銘、玉椿

梅と椿と、しめやかに流れる時の流れ、人々の和の交わり、炉のあかき炭火にたぎる釜の煮え。会の末席を汚す自分自身を顧みて、今日一日無事に水屋の手伝いができましたことを感謝するのでした。

点前も一度いたしましたし、やはり元気のもとがお茶であることを再認識して帰路につきました。

中宮寺さま、タクシーで送っていただきありがとうございました。

大徳寺・千利休居士の毎歳忌 2006/02/28

ああ、時の流れの早いこと、、、。

|

« 新宿区立漱石公園がリニューアル完成式典 | トップページ | 旧西園寺公別邸 清風荘にて »

コメント

春らしくなってまいりました。お元気でいらっしゃいますか。
お道具の背景には人がいる・・ということに感動してしまいます。
会記を拝見するのも大好きなことの一つです。

投稿: まー | 2008年3月28日 (金) 10時07分

わびすけさま
貴重なお写真うれしく拝見いたしました。
ひとつひとつのお道具、会記じっくりと拝見いたしました。
いつも私は心待ちしております。
実際に目にすることは適いませんのでありがたいです。
2006年 大徳寺・利休居士の毎歳忌も拝見いたしました。

投稿: ふみこ | 2008年3月 5日 (水) 15時46分

17歳で早世された一如斎さまのお茶杓、ありがたく拝見いたしました。

共筒の書付を見て、以前見たお軸を思い出しました。
お一人でお書きになっているものも、お父様とご一緒にお書きになっているものも、
みなこの字のように、若々しさの中にも何か強く訴えかけるものを感じます。
長生きなさればどんなによいお茶人になられたかと思うと、残念ですね。

元気の元がお茶であるとお聞きし、お点前もなさった由、何よりと安心いたしました。
またこれからも、どしどしよいお写真お見せいただければ嬉しく存じます。

投稿: ハレのはは | 2008年3月 3日 (月) 21時46分

終日のおもてなし、お疲れさまでございました。
一如斎のお話、またこれでひとつ知識が増えました。
素晴らしいお席の様子を居ながらにして拝見でき
ありがとうございます。


投稿: 宗恵 | 2008年3月 3日 (月) 16時17分

お疲れさまでございました。

お元気になられて、お点前をなされたとお聞きして安心いたしました。
健康が一番でございます。どうぞご無理をなさいません様に。
お写真ありがとうございます。

投稿: Clay | 2008年3月 2日 (日) 17時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« 新宿区立漱石公園がリニューアル完成式典 | トップページ | 旧西園寺公別邸 清風荘にて »