« NHKで漱石 「知るを楽しむアンコール」 | トップページ | 漱石の『火鉢』で和敬点ての点前 »

2008年4月30日 (水)

漱石生誕100年記念になる年月日

R1011196haimen1

木屋町御池東に建つ漱石句碑の前で、京都漱石の會主催になる漱石供養の式典が去る4月12日午前10時過ぎより行われました。漱石が朝日新聞社に入社して第一作の小説となった『虞美人草』に登場する天龍寺。その天龍寺派大本山の新管長となられた佐々木容道老師が道師として漱石追善の法要を執り行われたのは、この上なくありがたいことでありました。その香語と回向文は大切に保存しております。

上の写真は、句碑の裏面にあたるところです。2月9日とはどういうわけかと申しますと漱石の誕生日が新暦の2月9日だからです。旧暦では1月5日になるのですが。

夏目漱石は1867年2月9日に出生しました。したがって漱石生誕から100年目の記念となれば、1967年2月9日であることは明白です。建立するに当たって、記念日に間に合うように前年の11月9日にしたのも、漱石忌である12月9日の前に立てておきたいという当事者のお考えがあったようです。建立時にはわずか3人のみ立ち会われたと記録されています。

当時のもようは、京都新聞が記事にされていました。昭和41年11月9日京都新聞夕刊だったと思いますが、そのコピーを京都漱石の會第一回例会に参加された皆様へ会報に添えて配布いたしました。

そこで、昭和42年2月9日の生誕百年記念日に除幕式をされるべきところ、寒中であることを勘案され春4月9日に晴れて除幕式を挙行されました。

漱石句碑の裏面には、次の文言がしるされています。

「漱石生誕百年記念 昭和四十二年二月九日 漱石会」

漱石会の最後の会の一字は土の中に隠れて見えませんが、この字は当時の『漱石会」が書家の森田子龍氏に依頼して揮毫されたものです。

私が京都漱石の會をたちあげたのは昭和四十二年(1967)除幕式から数えて40年目の昨年10月のことでした。したがってことしは41年目になる次第です。

本来なら生誕百年記念として昭和42年(1967)2月9日に建立となるところ、便宜上前年の11月に前もって準備したと考えるのが適当かもしれません。いずれの記載も真実であることに変わりはありません。

漱石追善供養のもようは京都市の観光課のお役の方々に詳細な写真を撮影していただき感謝に堪えません。いずれその中の何点かアップさせていただこうと思います。

漱石が望んだ「閑適」のこころ。。。病苦に苦しみながら健全な精神をもって偉大な業績を遺した漱石に、私どもも学び、「閑適」のこころを身につけてゆきたいものと思います

R1011187sumire1

すみれほどな 小さき人に 生まれたし 漱石

http://mytown.asahi.com/kyoto/news.php?k_id=27000140804150002

R1011192oikekiyamati1

R1011191ryokutitaini

R1011194sosekikuhi1

R1011189komahuda1

R1011180kaiin1

漱石に関心ある方々に こうした有名人もいらっしゃいます。

R1011186raikyaku1 

懇親会参加者は、すべて年齢不詳、性別明確、頭脳春日のごとく、意味不明、、失礼。

R1011195oikeoohasi1

春の川、、、 漱石が詠んだ鴨川は道路が高くてみえませんが、かなたに東山連峰がみえました。めでたし、、、ああ、私のあたまもめでたしの状態でございます。

参考
京都の風流を愛した漱石 祇園の多佳女の看病に癒された日々 2007/06/19

|

« NHKで漱石 「知るを楽しむアンコール」 | トップページ | 漱石の『火鉢』で和敬点ての点前 »

コメント

ぞうべ様
ずいぶん長いことお返事もいたさずごめんなさい。思うように仕事がすすまずその上体調もも一つで情けないていたらくでございます。12日の漱石追善法要にも午後の懇親会にもぞうべさんのお顔を見出しうれしく思ったことでした。もう、なが~いお付き合いですものね(^.^)。

第二回例会の会場も決まりました。嵯峨の自然環境抜群のさる名家の別邸です。京都漱石の會ということで特別にお許しを頂きました。10月の土日にご都合をつけてどうぞご参加くださいませ。いずれ後日にお知らせいたします。今度は奥様もご一緒にどうぞ!

投稿: 椿 わびすけ | 2008年5月10日 (土) 17時19分

椿わびすけ様
先月の京都漱石の會では、大変お世話になり有難うございました。御池大橋の漱石句碑の前に着いたのが10時30分、すでに
天龍寺の老師による読経が始まっており、最初から大失態を演じ
てしまいました。その後は祇園甲部歌舞練場での「都をどり」を
鑑賞、興奮もさめやらぬうちに「桜橘庵」へ移動し、お茶とお弁当をいただきました。貴重な漱石の書も拝見させていただき、また各地の漱石研究家の方々のお話を興味深く聞かせていただくことができ、会員とは名ばかりの私にはアカデミックな雰囲気に浸ることができ幸せでした。御所雲月での夕食もわびすけ様ご推薦
のお店だけあって、とても美味しくいただきました。長野からお越しの「信濃教育会と漱石」について「桜橘庵」でお話をされた
方が、同じ席にどうぞとお声をかけてくださりともに食事をいただけて感激でした。来年はぜひ「鎌倉の漱石の会」に来てくださいとお誘いいただきました。本当に有難うございました。

投稿: ぞうべ | 2008年5月 2日 (金) 00時48分

この記事へのコメントは終了しました。

« NHKで漱石 「知るを楽しむアンコール」 | トップページ | 漱石の『火鉢』で和敬点ての点前 »