« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の記事

2008年5月14日 (水)

鴨川をどりで「お菓子の博覧会」 漱石は羊羹

R1011147miyakowodorikasi1

お菓子の博覧会 初開催から約100年。記念すべき第25回目の菓子博は、ことし2008年兵庫県姫路市で行われています。京都ではいつごろ開催されたか、歴史をたどってみましょうか。第13回目が京都!昭和24年(1954)4月ということです。

今から数えればずいぶん昔、54年前になります。戦後は、終戦の後から9年目の時代だったということですね。苦しい生活の中でもともかくお菓子が食べられる平和な世の中になったこと、人々がこのお菓子博覧会をどんな思いで迎えたか、想像できるのです。

http://www.zenkaren.net/expo/expo13.html

熊 本
平成14年11月
2002
第23回
盛 岡
平成10年4月
1998
第22回
金 沢
平成 6 年4月
1994
第21回
松 江
平成元年4月
1989
第20回
東 京
昭和59年2月
1984
第19回
静 岡
昭和52年2月
1977
第18回
鹿児島
昭和48年2月
1973
第17回
札 幌
昭和43年6月
1968
第16回
秋 田
昭和40年4月
1965
第15回
名古屋
昭和36年4月
1961
第14回
長 崎
昭和32年3月
1957
第13回
京 都
昭和29年4月
1954
第12回
横 浜
昭和27年5月
1952
第11回
大 分
昭和14年4月
1939
第10回
仙 台
昭和10年5月
1935
第 9 回
新 潟
昭和 8 年5月
1933
第 8 回
松 山
昭和 6 年4月
1931
第 7 回
岐 阜
昭和 3 年9月
1928
第 6 回
京 城
大正15年4月
1926
第 5 回
福 岡
大正12年3月
1923
第 4 回
広 島
大正10年4月
1921
第 3 回
大 阪
大正 8 年3月
1919
第 2 回
金 沢
明治45年4月
1912
第 1 回
東 京
明治44年4月
1911
 

たしかにお菓子が自由に手に入る豊かな時代になりました。ただ、お金あればの話。買えなくても買えない場合が実際にあり、その悲哀は現代の闇の中に隠されているように思えます。誰でもが健康にいい美味しいお菓子を楽しめる世の中になってほしいものです。

上の写真は4月の祇園甲部「都をどり」の芸舞妓の茶席に出たお菓子です。串にさした花見団子がトレンドマークでお皿もお持ち帰りできるのが喜ばれているようです。ここで「都をどり」の茶席と、5月の先斗町(ぽんとちょう)の「鴨川をどり」の茶席と、芸舞妓のそれぞれの写真をアップしてみましょう。

祇園甲部歌舞練場の「都をどり」4月

R1011156miyakochaseki

R1011145miyakowodorichaseki 

R1011146ohakobi1

R1011150maiko1

次は先斗町歌舞練場・鴨川をどりの茶席

R1011211chaseki

R1011211geikoiko2

R1011213maikohanto1

R1011209kamogawaodori1

鴨川をどりには、なんと漱石センセがお出にならはったんですえ~~

第171回 鴨川をどり 平成20年5月1日~24日

目次 第二 菓子 可笑(おか)し 五景の内の第四景 羊羹

そもそも羊羹と申すはーーーーーーとはじまって、

「天上界に遊ぶ心地の美味実妙

かの文豪の漱石先生のたまわく

あの肌合いが滑らかに 緻密にして

しかも半透明に光線を受ける具合はどうみても一個の美術品だ」

(あれ~~『草枕』で見たような~~(笑) その上、トドメの文句がいやぁ~~すさまじい。 

「されば 気の利く一碗は 京の巽 宇治の里 

深い緑の 茶の香り ても 結構な お福加減」

漱石先生は江戸っ子でっせ。それにこのお気に入りの羊羹は、東京の「藤むら」の羊羹なのでっせ。でも、お茶は京のお味で、結構なおふく加減とくるのですからそこんとこを考えますとべつに著作権侵害にはならへん…のやと。ちょっと苦しい言い訳になりました~~。

友人にタダ券をもらいまして観劇したのですが、この地方さんの艶な声とイキなことばに、とうとうカタログを買いました。皆さまにおすそわけです。

| | コメント (4)

2008年5月 6日 (火)

漱石の『火鉢』で和敬点ての点前

広間での茶箱点前は、野点形式になります。瓶掛けはこの場合、火鉢を使用しています。漱石の随筆に『火鉢』という小品があるのをご存知の方もいらっしゃいましょう。(画像はクリックすると大きくなります)。
http://wabisuke.la.coocan.jp/soseki.hibati.html
漱石が書いた『火鉢』は永日小品という作品の中の随筆なのですが、私がその一篇だけ抜粋してページを作成しました。是非クリックしてこの『火鉢』を味わって頂きますよう!当日の茶席のしつらい、点前座の道具組に、なぜ瓶懸けでなく火鉢を使用したかがお分かりになると思います。
 
京都漱石の會第一回例会は、日本家屋の会場で行いました。
Img_0516kemansou2_2 
漱石が西川一草亭に与えた直筆の掛け軸が約束の時間に未だ到来せず。床には一草亭好みの尺八花入。黒田正玄の作で銘は若葉と彫られています。
けまん草は別名鯛つり草ともいいますが、掛け物に変わりてもの申す。。。1時間あとに待ち人来る。一草亭のお孫さんが軸をかかえて。けれど漱石の書の写真は撮れませんでした。
Img_0519wakeidate1_2
Img_0518temaeza1_2

Img_0524chasyakuwabisuke
ほんとうは、「我輩」という茶杓が欲しかったのですが、手持ちがございません。本物のわが猫はもう姿が見えなくなりましたしそれでやむなく、だれかの名前のものを出したというわけです。拝領した品をやむなくというのはまことに失礼ですけれども。
お点前は、オレゴンから来られたまるめさんに、半東はハレのははさんでしたか?

私はお茶のほうは皆さまにおまかせで、他の雑事をねじり鉢巻でしておりました。50名の皆さまにお茶も飲んでいただき、ほっとしたことです。和敬点ての点前の順序は、のちほどハレのははさんが誰にもわかるように書いてくださるでしょう。


ハレのはは 述

和敬点は、もともと淡々斎さまが戦中に海軍のために考案なさったというだけあって、質実剛健、無駄のないとても合理的なお茶箱のお点前のように思えます。
(成り立ちの詳しいことは以前わびすけさまがお教えくださっておられますね)

お道具類が袋に入っていることもなく、お茶を出すのに古帛紗を使うこともなくいっぺんに2つのお茶碗を運び出せ、おまけに拝見もありません。
一碗と二碗、どちらのお茶碗でおしまいをするかで、少し手順が違うところがありますが、大まかな手順は「卯の花点」とおなじです。

(一碗目でおしまいをするときは、お茶碗を拭き、茶筅茶巾を筒に納めてから、二碗めは拭きません。二碗目でおしまいするときは、後で返ってくる一碗目を拭くまでは茶箱に戻せませんね。一碗目は濡れたままにできませんから。二碗とも拭きます。


茶箱の中手前には、二つ重ねた茶碗、その中に古帛紗を敷いて棗を入れます。
向こう側に茶筅筒、茶巾筒、振出を入れ、茶杓を茶碗に伏せ、その上に帛紗を捌いて箱の蓋をし、蓋の上に薄板を載せて持ち出します。

建水も持ち出し、勝手付に箱をよせ、膝前に薄板、瓶掛右がわに横にした蓋、帛紗を捌いて蓋を清めたら、茶杓を蓋の右寄りに出し、振出しを客付に出します。
ここで「総礼」。(正客は振り出しを取りに行きます)

この後、重ねたままの茶碗を薄板の上に、棗を蓋の上に出し、古帛紗を薄板と箱の間に置いたら、その上に重ねたままの茶碗を置きなおし、上の茶碗だけを薄板の上に出し、茶箱、建水と奥に進めます。

後は棗、茶筅と清めていき、茶筅を茶碗に入れてお湯を入れてから、茶筅通しの前に茶巾をたたみ直して、蓋の上右上に置きます。この辺からは他の茶箱点前と変わりませんね。

書いてみるとずいぶん手数があるので、席中では、点前座にすべて広げておいて、お棗を清める所から始めました。振り出しで、お客様にお菓子を召し上がっていただきたかったのですが、順に並んで座っておられなかったこともあり、雰囲気だけ感じ取ってもらうことに。

一見簡単なかわりに一寸愛想がないかも・・と思われるお点前が、今回のお席では珍しい瓢型の茶箱のお道具達で、とても優雅に変身。グリーンのビードロの振り出しも素敵でした。

けれど、如何せん多くのお客様にいっぺんにお茶を差し上げなければならず、ゆっくりお点前やお道具を楽しんでいただけたかどうか・・はなはだ心もとなく、半東どころか、お運びすら怪しげに勤めさせていただいておりました。




お道具もお手伝いも皆さまのおかげでございます。これもお茶のご縁。。。ありがたく心から感謝申し上げます。わびすけ

| | コメント (3)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »