«  2009年精中忌 ほたるが飛んできました | トップページ | 吉備路への旅 倉敷・大原美術館と心ゆかしい方々の思い出 »

2009年7月11日 (土)

半藤一利さん語る 私の「戦中・終戦直後史」

半藤一利さんの著書『昭和史』は、戦前編、戦後編ともに超ロングセラーの書物です。たいへん読みやすい上に、わが国を思い憂う深い洞察に多くのことを教えられます。7月となれば、半藤さんのインタービューを是非一人でも多くの方々にご高覧いただきたいと思います。

半藤一利さん(その1  

http://www.magazine9.jp/interv/hando/hando_1.html

半藤一利さん(その2 平和憲法という「国柄」を、もっと大切にしなくてはならない

http://www.magazine9.jp/interv/hando/hando_2.html

半藤一利さん(その3 日本の現在と、「戦前」とはとてもよく似ている

http://www.magazine9.jp/interv/hando/hando_3.html

あるサイトから転載させていただきました。

|

«  2009年精中忌 ほたるが飛んできました | トップページ | 吉備路への旅 倉敷・大原美術館と心ゆかしい方々の思い出 »

コメント

伝統を大切になさるわびすけさんへ。
お知り合いで、講義までご一緒されていますが、どうぞ、渡部昇一著「昭和史」を読むことをお勧めします。日本の伝統・御皇室を本当に理解できるのはどちらの著書でしょうか。

投稿: 愛読者 | 2009年7月15日 (水) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  2009年精中忌 ほたるが飛んできました | トップページ | 吉備路への旅 倉敷・大原美術館と心ゆかしい方々の思い出 »