« 花の保津川下りと「夏目漱石の京都」講演会 | トップページ | 京都美術倶楽部・平松さんの祇園祭り »

2011年9月19日 (月)

年齢に関係なしとやさしく言ってくださいますか

なんとまあ、和服のモデルさんが急に都合悪しく撮影をキャンセルされたと、写真家の関健一さんのお電話の声が!

_dsc0226d90

じつは京都の若い女性をおひとりご紹介したのは私でした。そうした手前、東京から入洛された関さんにキャンセルは申し訳なく、なんとか恰好がつかないかと思いあぐねたのでした。

年齢には関係なく、と言ってくださるお言葉に勇気をもらった私は、思い切って「それでは私でよろしければ…」と申し上げました。関健一先生とは干支が一回り離れています。もちろんこちらが年長です。

関先生は3年前、食道のあたりに癌がみつかって大変な日々を過ごされましたが、すばらしい精神力を持って回復されお仕事に励んでいらっしゃいます。久々に京都でお会いするひとときを大切にと、私は和服に着かえて2時間あまりご一緒させて頂きました。

「等持院でのわびすけさん」

関健一写真のページに今日アップされたようです。ここにリンクさせて頂きましょう。

和服姿の若い女性はお一人おひとりおきれいです。よくこれだけの方々を撮影なさって、日本の風景と女性のもつやさしさ、可憐さを見事に表現されてきたことと感銘を禁じえません。

東京大学卒のインテリである関さんの教養と人生観が撮影の背後に生きているのは、美術が知性に裏付けされる証ともいえましょう。ただ、そのモデルの中に新たに加わったわたくしめの、恥ずかしさ…。

_dsc0587

拙著の書評を取り入れてくださったご厚情に、なんとお礼を申し上げればいいかわかりません。ほんとうに感謝いたしております。

ブログの更新がずいぶん長い間なく、いい加減なことと我ながら恥じ入っているところでした。有難うございました。

|

« 花の保津川下りと「夏目漱石の京都」講演会 | トップページ | 京都美術倶楽部・平松さんの祇園祭り »

コメント

訪問有難うございました。素晴らしお茶室・お庭などを拝見させていただきました。

今は一寸休んでおりますが、先生方のお茶会には時々参加をさせて頂いております。

夏目漱石の本が好きとか・今、自分も暇な時にはと、この所【こころ】を読んでたところです。

中々進みませんが、若い頃の心が引かれます。
もう炉開きのご準備でしょう。紅葉も綺麗に照葉でも活けて・・・和みましょね。

投稿: 朗らかようこ | 2011年10月 5日 (水) 10時55分

写真とってもお綺麗です!
先生の後姿は何故かいつも目に焼きついて時折思い出します。 関先生のお写真はそういう私のイメージのわびすけ先生そのものだったので、すごいなぁ と思っていました。

投稿: 裕子 | 2011年9月25日 (日) 08時39分

お久しぶりです。
すばらしです\(~o~)/!!。
写真のモデルさんも美しいのは無論ですが、
さわやかな風のようで、ほのぼのあったかい。
うきうきしてしまいます。

投稿: のりまき | 2011年9月21日 (水) 15時13分

なつかしい方々のお出ましに今日夜はよく眠れそうな気がします。宵っ張りのよくないことは分かっていますのにどうしても書き物や調べ物をするのに日中より夜の時間が…(*^.^*)。すみません。

ナガイ様
北海道でモデルになってくださる方を探していま~す。猫を抱いた女性ならなお結構です。野菜畑でさわやかな笑顔で佇んでいてくださいヽ(´▽`)/。

甘党様
きっとあのジョイさんではなかったかしら?鈍くさいのはもともとですからはっきりしたことが言えずごめんなさい。あどけないお嬢さんと晴れ着すがたできれいなママさんと一緒。幸せな笑顔いっぱいのお写真!そのような記憶がございますけれど(゚▽゚*)。

投稿: 椿 わびすけ | 2011年9月21日 (水) 00時10分

とても 涼やかな佇まいに こちらの背が伸びる心地がいたします。

私は 1 と 6 が とりわけ お美しいと感じました。

1 は 御髪の豊かさと 襟元の美しさに惹かれます、

6 は しなやかな女性らしい健やかさを感じます。

ほかのいずれのお写真も それぞれに素敵な光景ですが 着物雑誌の中で拝見するモデルさんとはやはり 身のこなしが違ってらっしゃるような。
ゲストで登場する女優さんのようです。

やはり 装いは 身に添うものなのですね、

時間が無いことを言い訳にする自分自身を恥ずかしく思いました。

ありがとうございます。

投稿: 甘党 | 2011年9月20日 (火) 15時56分

関健一さんのギャラリーを拝見してきました。

わびすけさんと久しぶりに再会したような気がしました。
生き生きして息がかかるほど近くにいるような~。

1の写真が一番印象的です。緊張感がなくすっくとしなやかなに立たれています。
あと4と7です。どちらもお着物が体に完全に馴染んでいますね。それがわびすけさんの日常なのでしょうが、知らない人が見ると、まるで本物の「着物モデル」さんです(^.^)。

投稿: ナガイ | 2011年9月20日 (火) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花の保津川下りと「夏目漱石の京都」講演会 | トップページ | 京都美術倶楽部・平松さんの祇園祭り »